本文へスキップ

船橋航海当直警報装置(BNWAS)JCX-161

  • 航行支援

印刷する

操作

共通操作体系を採用

新しい小型表示器では「直感的な操作が可能なインターフェイス」という当社の設計理念に基づき、全く新しいソフトウェア設計による共通操作体系を実現しています。

画像:共通操作体系を採用

モーションセンサー

JCX-161にはオプションとして赤外線式モーションセンサーを装備することが出来ます。モーションセンサーを装備するとセンサーが当直士官の動作に反応してカウントダウンのタイマーを自動的にリセットするため、当直士官の方がリセットボタンを押す動作が省略できます。

フラッシュマウントキット不要

新たな発想でのデザインへの取組みにより、新型の表示器はフラッシュマウントの際にも専用の装備キットを必要としません。また、表のカバーにより固定用ネジが隠れる構造となりました。

画像:フラッシュマウントキット不要

リモートメンテナンスシステム(RMS)対応

JCX-161はJRC独自のリモートメンテナンスシステム(RMS)に対応しています。当社製VDR装置に組み込まれたデータサーバーとインマルサット衛星通信装置(FB)を利用して、航海中でも機器の機能や動作状況を確認することが可能です。RMSをご利用いただくことで保守費用削減に効果を発揮します。

画像:rms