地上デジタルテレビ放送用 TS伝送方式STL/TTL装置 JBN-202T/JBN-201Tシリーズ

  • 地上デジタルテレビ放送

印刷する

画像:JBN-202Tシリーズ

送信機および受信機(スペースダイバシティ受信方式)ともに1ラックに2局分の実装を可能にしたSTL/TTL装置です。

特長

TS伝送方式

演奏所~送信所間での信号劣化を伴わない高品質なネットワークが構築ができます。

スペースダイバシティ(SD)受信方式対応

単一受信方式だけでなく、オプションにてSD受信方式にも対応できます。

64QAM変調方式

64QAM変調方式により、9MHz帯域でTS信号のほかサービスチャンネルの伝送が可能です。

誤り訂正機能および自動波形等化機能

誤り訂正にRS符号、畳み込み符号の連接符号化を採用し、自動波形等化機能と合わせて高品質な伝送を実現しています。

同期動作

現用機/予備機の同期動作により同期切替が可能です。

100%予備方式

2台方式とすることで、信頼度の高いシステムを実現しています

(1台運用も可能)

仕様

伝送方式 TS伝送方式
受信方式 単一受信方式 または SD受信方式
同期方式 従属同期低雑音方式
無線周波数帯 Bバンド(5.9GHz帯)~Gバンド(13GHz帯)
送信出力(送信部出力) 2W/1W(B~Dバンド)、0.5W(E~Gバンド)
周波数帯域 9MHz
寸法(mm) 送信機 570(W)×1950(H)×630(D)
受信機 570(W)×1950(H)×630(D)