ECDIS 電子海図情報表示装置 JAN-9201/7201

  • 航行支援

印刷する

表示・操作

画像:操作部も使い易く新設計

操作部も使い易く新設計

機器の操作も新設計のトラックボールで全てに対応できます。またアラーム発生時など、特に注意が必要な状況では操作部からの警告音や色の変化でユーザーにお知らせします。

画像:従来機と同様の専用機能ボタンや操作ノブ

従来機と同様の専用機能ボタンや操作ノブ

従来機と同様の専用機能ボタンや操作ノブを備え、更にQWERTY配列を採用したオプションのフルキーボード付き操作部を接続すれば、これまでのECDISと同様に操作することができます。

画像:選べる画面サイズ

選べる画面サイズ

JAN-9201/7201は表示部として新設計の26インチ(WUXGA)/19インチ(SXGA)、狭額デザインの液晶モニターを採用しています。LEDバックライトを採用し、昼夜を問わず視認性の高い、高画質な映像をお届けします。また、両サイズともオプションとして表示画面そのものを入力装置とするタッチパネルモニターの選択も可能(近日対応)です。さらにオプション表示部として、これまでにない大型の46インチ(FHD)モニターもご用意できます。この大型モニターは従来の紙海図に近い表示サイズを実現し、オフショア船などで操船位置から表示部が離れて設置される場合に有効です。(別途ご相談にて対応)

画像:主要なチャート表示に対応

主要なチャート表示に対応

JAN-9201/7201はAVCSやNAVTOR ENC service, Jeppesen ENC serviceなどの主要なENC(S-57 Ed3.0/3.1、S-63:ベクターチャート)、ARCS(ラスターチャート)表示、またチャートに合わせて提供されているAIO(UKHO)やダイナミックライセンス(Jeppesen) などの拡張機能に対応しています。
また、JRCではトータルソリューションサービス ”J-Marine Cloud”を通じて、ECDISのワンストップサービスを提供しています。チャートデータの販売取次だけにとどまらず、最新性確保や運行航路に対応するデータの自動購入(PAYS)など、煩雑になりがちな様々な手続きを一括でお引き受けします。また、航路計画と最新気象情報を合わせて最適航路を提案するJ-Marine Routingなども合わせて提供しています。詳しくはこちら( http://www.jmarinecloud.com/)でご確認ください。

ENC(S-57, S-63:ベクターチャート)
・AVCS(AIO 対応)
・NAVTOR ENC Service(PAYS 対応)
・Jeppesen ENC Service
( ダイナミックライセンス対応)
ラスターチャート
・ARCS
その他 ( プライベートチャート)
・Jeppesen Ed.3 Professional
・Jeppesen Ed.3 Professional+

画像:運用に合わせた機能拡張

運用に合わせた機能拡張

ソフトウェアライセンスの追加で使用可能となるオプション機能が各種搭載されています。ソフトウェアライセンスは船上でのECDIS運用開始後でも追加することができるので、実際の運用状況に合わせたカスタマイズが可能です。

オプション機能
・AIS表示ターゲット数拡張(500 → 1000)
・レーダーオーバーレイ機能*1
・TCS対応*2
・S-Joy操作対応*3
・衛星通信ブロッキング警報(拡張予定機能)

  1. レーダーオーバーレイ機能にはオプションのレーダーインターフェース回路とレーダー映像の信号入力が必要です。
  2. TCS機能には別途オートパイロットとの接続が必要となります。対応機種等は当社までお問い合わせください。
  3. S-Joy操作部の接続可能なオートパイロットは別途お問い合わせください。

画像:様々な機種別習熟トレーニング(TST)を実施

様々な機種別習熟トレーニング(TST)を実施

新型ECDISではこれまでの当社ECDIS機器とは異なり、新しい操作体系を採用しているため、機種別習熟トレーニン グもこれに対応するものが必要となります。新型ECDISに対応する機器別習熟トレーニングは当社の主要な支店・代理店をはじめ、世界各地のトレーニング機関でも実施しています。また、お客様のリクエストによる船上・オフィスへの講師派遣によるトレーニングの実施にも対応します。さらに、個人のペースに合わせて自宅や船上でも自己学習が可能なPC用のソフトウェアをご用意しています。機器別習熟トレーニングに関する詳細は当社までお問い合わせください。