本文へスキップ

ECDIS 電子海図情報表示装置 JAN-701B

  • 航行支援

印刷する

画像:ECDIS 電子海図情報表示装置 JAN-701B

特長

レーダー映像重畳表示

JRC製レーダーと接続することにより高分解能のレーダー映像をチャート上に重畳表示することができます。一般的なレーダー重畳とは異なり、ベクトルチャートの優先物標は最上層に重畳表示されますので、重要な物標がレーダー映像の陰に隠れることはありません。また、感度やクラッタ制御などもレーダー専用機と同様に操作可能です。

画像:レーダー映像重畳表示

AIS目標重畳表示

他船からのAIS(船舶自動識別装置)情報をもとに各船舶の現在位置にAISシンボルをチャート上に重畳表示するとともに、船名、位置、針路、積荷などの固有情報も同時に表示することができます。AISシンボルはレーダー映像とは異なり、陸地や橋梁などの障害物による隠蔽や、海面・雨雪反射などの影響を受けないため、他船の動きを確実に把握することができます。

画像:AIS目標重畳表示

また、これらのAISシンボルは、活性化/休止化が簡単に切り換えられるとともに、内蔵のAISフィルタで特定海域内のシンボルを優先して表示することも可能です。

画像:AISフィルタ

マルチビュー

マルチビュー機能を搭載しています。画面を2分割し、それぞれに同一または異なるチャートを種々の方法で表示することができます。この表示領域には先読み機能があり、特に沿岸海域では有用です。また、現在表示しているチャートエリア全体を明示的に表示できるワイドレンジビュー機能も搭載しています。

画像:マルチビュー

外部センサーデータ表示

豊富な外部センサー用インターフェースをもち、様々な航法機器が簡単に接続可能です。これらのセンサーからの情報は航海情報パネルやサブウィンドウに分かりやすく表示され、安全で確実な操船に貢献します。また、JRC以外のメーカーのセンサーも接続可能です。

画像:外部センサーデータ表示

高度な信頼性設計

高い信頼性を持つ工業用マザーボードとシリコンディスクを採用し、従来モデルよりもさらに洗練されたソフトウェアとあわせて、極めて安定した動作を約束します。 また、レーダー処理部にはJRCが独自開発したTornado™プロセッサを内蔵し、レーダー専用機と同等レベルの信号処理性能と高速描画処理を実現しています。