本文へスキップ

ECDIS(電子海図情報表示装置)JAN-2000

  • 航行支援

印刷する

画像:ECDIS(電子海図情報表示装置)JAN-2000

特長

第2世代JAN-2000は新しい強力なプロセッサーを採用し、操作性・インターフェイスを大幅に強化した、高いコストパフォーマンスを誇る高性能コンパクトECDISです。

コストパフォーマンス

IMO性能基準に合致するJAN-2000は中・小型サイズの船舶やワークボートに適したコストパフォーマンスの高いECDISです。TCS機能やレーダー映像の重畳表示には対応しませんが、外部インターフェイスは先のモデルの3倍となる9ポートを標準装備しています。強化されたJAN-2000のインターフェイスは、当社の高機能ECDISであるJAN-901B/JAN-701Bの経済的なバックアップ装置として、大型船舶への搭載にも対応します。

画像:ECDIS(電子海図情報表示装置)JAN-2000

画像:標準構成

強力なプロセッサー

新型のJAN-2000には高機能ECDISであるJAN-901B / JAN-701Bに搭載されているものと同じプロセッサーを採用しています。左のベンチマークでもご覧いだだけるように新しいプロセッサーの採用により処理速度が大幅に改善され、特にチャートの縮尺変更や画面のドラッグ時に威力を発揮し、滑らかで高速な操作環境を提供します。

画像:強力なプロセッサー

チェックポイント

ECDIS導入に際してのチェックポイントは数多くありますが、その中でJAN-2000が対応する項目を下記のリストでご確認ください。

画像:チェックポイント