防災システム ヘリコプタ画像伝送システム

  • 防災システム

印刷する

ヘリコプタ画像伝送システムは、国や地方自治体が所有するヘリコプタに搭載されたテレビカメラで撮影した災害現場等の空撮映像を、地上の受信装置に対してマイクロ波で伝送することにより、災害対策本部等に対してリアルタイムな映像情報を提供します。

本システムは、災害発生時にヘリコプタの機動性を活かすことにより災害状況を迅速かつ広域的に動画像による目視確認を可能とし、災害対策および復旧活動を支援します。

特長

  • ヘリコプタにより遠隔地で撮影した映像を、ヘリコプタから見通しでかつ伝送可能な距離にある地上の受信装置に対してマイクロ波により映像とアナウンス音声を伝送します。さらに、伝送された映像とアナウンス音声は、受信装置から利用者のところまで配信することができます。
  • 映像と同時にヘリコプタの飛行位置等のデータも伝送が可能です。
  • 地上の受信装置では、マイクロ波の到来方向を検出することにより、ヘリコプタの移動に合わせて映像受信用アンテナの指向制御を自動的に行い連続的な映像受信を行います。
  • 連絡用無線機によりヘリコプタとの通話が行えます。
  • 連絡用無線機によりヘリコプタの飛行位置データを伝送することにより、ヘリコプタの飛行方向を判断し、マイクロ波の到来方向に対して自動的に初期捕捉を行うことができます。
  • 受信装置を遠隔で操作が可能な操作器では、デジタル地図上にヘリコプタの飛行位置アイコンを表示することにより、飛行位置や飛行方向の認識が容易に行えます。
  • 受信した映像、アナウンス音声、ヘリコプタの飛行位置を自動的にサーバに保存することにより、履歴再生をWeb上で行うことができます。

仕様

伝送情報 映像、音声、データ(ヘリコプタ位置情報等)
自動追尾方式 電波の到来方向を電子制御で検出する方式および位置情報による演算方式
映像受信用アンテナ制御方式 方位および俯仰角の2軸サーボPWM制御方式
利用回線 受信設備と操作器の接続は、各種無線回線(無線LAN回線、多重無線回線、FWA(無線アクセスシステム))や光ファイバーなどの有線回線をサポート
映像蓄積・配信サーバ ユニキャストにより受信装置から送られてくる映像・音声・ヘリコプタ位置データを自動的に蓄積可能。蓄積された映像等は、端末のWeb画像から検索し、再生することが可能

システム構成例

システム構成例:ヘリコプタ画像伝送システム