AIS送受信装置

  • 海洋版GIS

印刷する

画像:AIS送受信装置

AIS送受信装置は、国際規格IEC62320-1 AIS Base Stationに準拠し、石油・電力・港湾等の周辺海域・海洋構造物に接近するAIS搭載船舶を監視することで、事故などを未然に防ぐための支援システムを提供します。

本装置を使用することによりAIS双方向通信が可能となり、陸上側から当該船舶に対しAISメッセージを送信して注意喚起を促します。船舶側では標準搭載されているAIS、ESDIS、レーダ等のAIS対応機器でメッセージを確認することができ、新たに船舶側での設備投資は必要ありません。

特長

国際規格IEC62320-1に準拠した陸上専用AIS送受信装置

AIS送受信装置は国際規格IEC62320-1に準拠、送受信部の二重化にも対応

画像:二重化モデル

二重化モデル

AISメッセージ送信機能 (要免許)

陸上からAIS搭載船舶に向けて情報提供 テキストメッセージ(Message ID6、8、12、14)の送信が可能

Message ID6:宛先付一般通信文、ID8:一般通信文(放送)、ID12:宛先付安全通信文、ID14:安全通信文(放送)

画像:AISメッセージ送信機能 (要免許)

海洋構造物の位置を送信する仮想航路標識メッセージ(Message ID21)送信に対応可能

仮想航路標識Message ID21を送信し、AIS搭載船舶のAIS表示画面上に海洋構造物を表示。

画像:AISメッセージ送信機能 (要免許)

航海用電子海図(S-57/S-63)を使用したアプリケーションソフト(Webブラウザまたは専用ソフト)による運用が可能

画像:航海用電子海図(S-57/S-63)を使用したアプリケーションソフト(Webブラウザまたは専用ソフト)によるリアルタイム操作

画像:J-MARINECLOUD