26GHz帯 P-MP ワイヤレスIPアクセスシステム

  • セキュリティ・監視

印刷する

テクノロジー

ワイヤレスブロードバンドを実現するJRC日本無線のテクノロジー

26GHz帯のような準ミリ波帯を使用した無線アクセスシステムを実用化するには、技術的な困難さはもとより、小型化、コスト低減など、解決すべき問題が数多くありました。
JRC日本無線は、加入者局用高利得平面アンテナの実用化、準ミリ波帯高周波回路のMMIC(モノリシックマイクロ波IC)化、ベースバンド処理部の専用ASIC開発など、多くの新技術を投入し、画期的な小型化・低コスト化を実現しました。

加入者局装置

画像:加入者局

加入者局用高利得平面アンテナ

加入者局装置本体の小型・軽量化を実現するため、後藤 尚久 拓殖大教授(東工大名誉教授)・安藤 真 東工大教授のグループにより考案・開発された、導波管スロットアレー方式によるミリ波帯 平面アンテナ技術を採用し、初めて量産製品化を実現しました。

26GHz帯MMIC

26GHz帯アップコンバータ・ダウンコンバータのモノリシックIC化、およびそれを表面実装可能とすることにより、RF回路の大幅な小型化と製造コストの削減を実現しました。

画像:26GHz帯MMIC

直交変復調IC

  • JRC日本無線のシリコンバイポーラIC技術を駆使した高速高精度直交変復調を実現
  • 広ダイナミックレンジの受信利得可変機能および送信利得可変機能を内蔵

ベースバンド処理部ASIC

多機能をワンチップに集積化した専用ベースバンド処理ASICを開発しました。

  • 無線伝送速度80Mbpsを実現する高速バースト・モデム(A/D・D/A変換器内蔵)
  • 独自のMAC(Media Access Control)機能
  • 強力な誤り訂正機能(Reed-Solomon Code)
  • ユーザデータのセキュリティを保護する暗号処理機能をハードウェア実装
  • 加入者局制御用CPUをオンチップで実装

基地局装置

基地局用オムニアンテナ

水平方向無指向性、垂直方向を上下方向ともコセカントカーブに成形することにより、加入者局装置取付け位置の制約を緩和しました。

基地局用ホーンアンテナ

垂直方向広角指向特性により、集合住宅の高層階までサービス提供が可能です。

基地局用MAC LSI

  • 最大239局までの加入者局のトラフィックを制御するMAC(Media Access Control)機能
  • 強力な誤り訂正機能(Reed-Solomon Code)
  • ユーザデータのセキュリティを保護する暗号処理機能をハードウェア実装

画像:基地局用MAC LSI