無線LANブリッジ JRL-710AP2/AL2

  • 無線LAN

印刷する

製造中止品

画像:JRL-710AP2/AL2

画像:無線LANアイコン

多彩なシステムに対応する無線LANブリッジ 36Mbpsで最大通信距離10kmを実現!
※パラボラアンテナ(NZA-666)使用時

画像:無線LANアイコン

概要・特長

耐環境性に優れた業務用無線LANブリッジ

高出力型(8mW/MHz):JRL-710AP2

P-MPシステムのアクセスポイントとして使用し、広域なサービスエリアを確保

※ P-MPシステム(Point to Multi Point):アクセスポイントを中心に無線端末局を配置して広域エリアをカバーするシステム構成

標準出力型(1mW/MHz):JRL-710AL2

P-Pシステムにおいて高利得アンテナを使用することで長距離通信が可能

※P-Pシステム(Point to Point):1対1の拠点間を無線接続するシステム構成

特長

IEEE802.11b/gに準拠 通信速度最大54Mbps

最新の無線LANセキュリティ(IEEE 802.11i)対応

アルミダイキャスト筐体

広エリア通信、長距離通信など多彩なシステムに柔軟に対応

  • 外部アンテナインタフェースにより豊富なアンテナオプションが利用可能

複数の有線ネットワーク間を無線でブリッジ

  • ステーションに接続されたネットワークごとローミング可能

ネットワーク接続が容易なブリッジアーキテクチャ

高出力(JRL-710 AP2)/ダイバシティ/低消費電力

RoHS対応

既存のLAN環境に容易に接続可能

  • インフラストラクチャ機能による
  • 10/100BASE-Tインタフェース

高速ローミング

  • ローミングチャネルを任意に指定可能
  • ローミング時に上位L2スイッチのテーブルリフレッシュ機能を実装

セキュリティ機能

画像:11i IEEE802.11iは、最新の無線LANセキュリティ規格です。
画像:WEP WEP(40/104/128bit鍵RC4)暗号化機能
画像:ESS-ID 外部からのESS-IDの参照を禁止する機能
画像:MACアドレス MACアドレスフィルタリング機能で、不正アクセスをガード

旧製品JRL-710APS/ALS をお使いのお客様へ

  • 本製品を導入いただく場合、JRL-710APS/ALS のオプションアンテナ、屋外筐体、RF同軸ケーブルが引き続きご使用いただけます。
  • 本製品で構築したシステム内において、旧製品JRL-710APS/ALSとの混在が可能です。
  • 本製品は、旧製品JRL-710APS/ALSと同一の筐体構造です。

主な変更点は

本製品 JRL-710AP2 旧製品 JRL-710APS
・高出力型のダイバーシティ機能 ×
・高出力型の低消費電力化(@DC5V) 5W 13W

・Ethernet ケーブルのストレート/クロスを自動検出が可能。(旧製品のHUB/PC SWは廃止)