本文へスキップ

捜索救助用 レーダ・トランスポンダ JQX-30A

  • GMDSS

印刷する

生産終了品

画面表示例

応答波を受信したレーダーの指示機の映像

画像:画面表示例

JQX-30Aはスイッチを回して“ON”の位置にすると起動し、緑色表示灯が点灯して“待ち受け状態”になり、捜索側のレーダー波を受信した場合のみ自動的に応答信号を発射します。
応答波を受信したレーダーの指示機の映像上には、約8海里に相当する等間隔多点列のSARTコードが示され、遭難者の方位と距離を知らせます。捜索船から見て点列の1点目が遭難者の位置になります。