本文へスキップ

AIS(船舶自動識別装置)JHS-182

  • 航行支援

印刷する

生産終了品

画像:AIS(船舶自動識別装置)JHS-183

AIS(Automatic Identification System)は、船舶の位置情報や針路、船速などの航海情報、船名や積み荷などの固有情報を最新のTDMA技術を使いVHF帯で定期的な放送とともに、 他船から放送されたこれらの船舶情報を常時受信し表示するシステムです。

製品概要

AIS(Automatic Identification System)は、船舶の位置情報や針路、船速などの航海情報、船名や積荷などの情報をTDMA技術を使いVHF帯で定期的に放送とともに、他船から放送されたこれらの船舶情報を常時受信し表示するシステムです。

AISは2000年のSOLAS条約※(海上人命安全条約の改正に伴い、全ての客船と、国際航海に従事する300トン以上の船舶および国際航海に従事しない500トン以上の船舶に対して2002年7月1日以降の新造船ではその時点から搭載義務が生じるほか、現在船では2002年7月1日から2008年7月1日までの間に順次搭載が義務化されます。

※SOLAS(International Convention for the Safety Of Life At Sea)

アンテナ・トランスポンダの一体型・軽量化

アンテナ・トランスポンダを一体化することで装備性を向上させ、構成品・装備・メンテナンスに関わるトータルコストを低減させます。

ケーブル1本で簡単接続

トランスポンダ―集配器―表示器の各接続を同軸ケーブルで1本化。

表示器の薄型・軽量化

当社ARPAレーダーのガードゾーン設定とデータ共通化することで衝突回避予測を飛躍的に向上

CH70 DSC遭難信号の受信を表示することが可能

AISで送受される情報は、次のものがあります。

静的情報
(Static Information)
船名、MMSI番号、IMO番号、呼出符号、
船舶の種類、船体長・船幅、GNSSのアンテナ位置
動的情報
(Dynamic Information)
船位、UTC、対地進路 (COG)、対地船速 (SOG)、船首方位、回頭角速度、航海の状態(航行中、アンカリング中、接岸中、等)
航行関連情報
(Voyage Related Information)
喫水、積載物、目的地、到着予定時刻
安全関連通信文
(Safety related message)
放送通信文、
宛先付通信文