本文へスキップ

2周波型カラースキャニングソナー JFS-3721

  • 漁業用機器

印刷する

生産終了品

画像:2周波型カラースキャニングソナー JFS-3721

JFS-3721は、低周波と高周波の2周波ソナーを備え、多彩な情報で漁労を支援する2周波型カラースキャニングソナーです。高度な映像処理技術や高い装備性、海況変化への柔軟な対応を可能にする優れた操作性により、遠方から船縁まで魚群を的確にキャッチします。

製品概要

概要

JFS-3721 2周波型ソナーは大・中型カツオ・マグロ漁船の要望に応えて、より見やすく、より楽に漁群を探索するためのカラースキャニングソナーです。高出力で低周波全周型スキャニングソナーに高分解能・鮮明な映像の高周波全周型スキャニングソナーの性能を加えたことにより、遠方から船縁まで魚群をガッチリつかまえることができる、理想的なソナーです。さらに2周波型振動子の採用と送受信機の小型化により、昇降装置は1本となり装備スペースをとらず、装備工事も容易です。表示器は低周波用/高周波用と専用表示器を2台持ち、各々に、船速、針路、自船位置などの多彩な情報を表示することができるので、効率的な漁労に役立ちます。

特長

鮮明映像

高度な映像処理技術により映像が鮮明で見やすいので、魚群の芯(分布)やしまり(密度)が良くわかります。

簡単操作

海域や海況が変化しても“魚群反応スイッチ”を操作するだけで最適な画像が得られます。

省スペース装備

2周波型振動子の採用により、昇降装置を1本にしました。
昇降装置の装備スペースが1本分ですむため、現用のタンク穴を利用して2周波ソナーへの換装工事も可能です。

外来雑音の低減

最大ストローク1600mmの送受波器装置は走行雑音などの外来雑音を大幅に低減します。