本文へスキップ

ハイパワースキャニングソナー JFS-3381

  • 漁業用機器

印刷する

生産終了品

画像:ハイパワースキャニングソナー JFS-3381

JFS-3381は、使いやすさを追求したソナーです。大型送受波器の採用と、大出力送信回路に加え、新信号処理技術の採用により、映像をより鮮明にし、探知能力の大幅なアップ、高分解能化をはかり、超遠距離の魚群をより確実にとらえます。

製品概要

見やすい鮮明な映像

信号処理技術、画像処理技術による、高解像度、高精細映像により、魚群のしん(分布)、しまり(密度)がわかりやすく、海面反射などの雑音も減少し鮮明で見やい映像を提供します。

簡単操作

海域や、海況が変化しても、魚群スイッチを操作するだけで、送受信機を最適な設定にすることができます。また、復帰キーによりワンタッチで登録された状態に戻せます。

高感度大型送受波器

高感度大型送受波器の採用と大出力送信回路により、探知距離を大幅に伸ばしました。

外来雑音の低減

最大ストローク1600mmの送受波器装置を採用、走航雑音などの外来雑音を大幅に低減します。

豊富な機能

当社独自の断面映像の併画をはじめ、聴音映像表示、魚群量表示、自動追尾機能など豊富な機能を持っています。

小型で容易な装備

送受信機は小型・軽量で、送受波器と一体構造を実現し、表示器と送受波器装置の2ユニット構造で装備工事が容易です。