本文へスキップ

サーチライトソナー JFP-180

  • 漁業用機器

印刷する

生産終了品

機能

ターゲットロック機能

ソナーモードには、魚群信号を自動的に追尾するターゲットロック機能があります。この機能を使うと、指定した魚群信号だけをカバーするように自動的に探索範囲を狭めて早い周期でスキャン動作を行いますので、細かな操作をする必要がありません。
また、外部航法装置を接続することによって、任意にマークした位置を自動的に追尾することもできます。
この特長により、魚群を見失う頻度が格段に低減されます。

広い俯角設定範囲

超音波ビームの俯角は、水平に対し+5°から-90°まで1°ごとに設定できます。
この幅広い俯角設定範囲により、表層魚群から海底付近の根付き魚群までを、全周囲にわたって探索することができます。

画像:広い俯角設定範囲

細かなコントロールができるスキャン範囲

ソナーモード時のスキャン範囲(セクター)は、最小5°から最大360°まで16種類の中から選択でき、広範囲を一様に探索したり(魚群探索時)、任意の方向の狭い範囲を高速で探索する(魚群追尾時)など、操業形態に応じた細かなコントロールが可能です。

画像:細かなコントロールができるスキャン範囲

豊富なインターフェース

メインモニターのほかにサブモニター用の映像信号出力コネクタを1個標準で装備しており、弊社製の専用LCD表示部または市販のPC用モニターが簡単に増設できます。
また、オプションのNMEAインターフェースを組み込みGPSから自船位置データを入力すると、自船の正確な位置を画面上に表示できるとともに自船の航跡をプロットすることが可能です。