本文へスキップ

BNWAS JCX-151/152

  • 航行支援

印刷する

生産終了品

BNWASとは

船橋航海当直警報装置(BNWAS)とは

BNWASは船橋での当直航海士の不在や居眠り・急病で生じる事故を未然に防ぐことを目的とした装置です。BNWASは3分〜12分の任意の時間で設定されたタイマーが当直航海士によりリセットされなければ、船橋内で可視・可聴警報を発します。その警報に対する応答が無い場合は士官室に、更に船員居住区に警報を転送します。

画像:BNWAS 表示と警報の動作シーケンス

BNWASの搭載要件

2011年7月1日以降に建造される新造船だけでなく、既存船にも2012年7月1日から段階的に搭載が義務化されます。

画像:BNWASの搭載要件

*建造=起工

SOLAS第5章 第2規則より「建造された」とは、次のいずれかの建造段階をいう。

  1. (1)キールが据え付けられた段階
  2. (2)特定の船舶と確認し得る建造を開始した段階
  3. (3)当該特定の船舶について、50トンまたは全建造材料見積もり重量の1パーセントのいずれか少ないものが組み立てられた段階