本文へスキップ

ニュース

印刷する

2013年9月19日

STAND GUARDがNETIS登録番号を取得しました

静止画遠隔監視システム STAND GUARD(スタンドガード)が国土交通省の新技術情報提供システム(NETIS)に登録されました。登録により、国土交通省直轄の工事においてスタンドガードを提案あるいは活用した場合には、入札における総合評価方式での加点※や、工事成績評定に加点を受ける事ができるようになりました。

※総合評価方式による加点は提案を行った地方整備局により異なり、配点がない場合(無加点)もあります。

写真:スタンドガード

登録の概要

新技術名称:静止画遠隔監視システム STAND GUARD(スタンドガード)

NETIS登録番号:KT-130049-A

登録日:2013年8月21日

スタンドガードの特長

完全ワイヤレスで使用可能な遠隔監視システムです。撮影した画像の伝送に無線回線を利用し電源に太陽電池パネルを採用しているため、通信ケーブルや電源ケーブルを敷設することなく使用できます。

FOMA、無線LANを内蔵

画像の伝送にはFOMA網を利用する※ので、FOMAのサービスエリア内であれば面倒な配線工事無しでどこでも使用できます。また無線LANを内蔵しているので、アクセスポイントやアプライアンスサーバーを用意すれば自営回線による使用もできます。

※FOMA網の利用には別途ASPとの契約が必要です。

太陽電池パネルを採用

電源に太陽電池パネルを採用したので動作に伴うCO2の排出がありません。電源の配線工事も不要なのでエコ&イージーです。もちろん、バッテリーを内蔵するので曇りや雨の日でも動作します。

簡単設置

小型・軽量で配線工事が不要なため、従来では設置できなかった場所にも設置できます。また、三脚等に取り付けることもできるため一時的に設置して使用することもできます。

さらに応用活用

デジタル/アナログ入力端子があるので人感センサーや温度センサーなどの各種センサーを接続してテレメトリングデータを収集できます。また、デジタル出力端子もあるのでライトの点灯/消灯など、外部機器の制御もできます。

スタンドガードの製品情報はこちら(http://www.jrc.co.jp/jp/product/wireless_lan/product/stand_guard/index.html)から

スタンドガードのNETIS掲載情報はこちらから

新技術情報提供システム「NETIS」:New Technology Information System(新技術情報提供システム)の略で、新技術に関わる情報を共有および提供する目的で運用されている国土交通省のデータベースです。

製品に関するお問い合わせ先

日本無線株式会社

通信機器営業部
TEL: 03-6832-1731 FAX: 03-6832-1841

日本無線株式会社

経営企画部 広報担当
TEL: 0422-45-9774 FAX: 0422-45-9553

  1. 内容はリリース時現在のものです