本文へスキップ

ニュース

印刷する

2012年4月19日[2012年4月19日プレスリリース]

日本海事協会よりECDIS研修コースの認証を取得

日本無線株式会社(本社:東京都杉並区、代表取締役社長:土田隆平 以下JRC日本無線)は、2012年4月16日(月)に一般財団法人日本海事協会*(ClassNK、東京都千代田区、上田德会長)より電子海図情報表示システム(ECDIS)の研修コース「Type Specific ECDIS Training」の認証を取得しました。

「Type Specific ECDIS Training」とはECDISの機種ごとに設定された研修コースです。ECDISは2012年7月以降、船種・船型に応じて順次搭載義務化が予定されており、機種ごとに「Type Specific ECDIS Training」の実施が求められています。

今回の認証は、JRC日本無線の三鷹製作所に新たに設置したECDISトレーニングルームにおいて提供する2日間のJRC日本無線製ECDISの「Type Specific ECDIS Training」が、日本海事協会の定めた海事教育訓練基準に適合していると認められたものです。

JRC日本無線は昨年の国土交通省からのECDIS装置の型式承認とともに、今回の日本海事協会からの認証取得により、さらなる船舶安全運航に寄与するよう船員教育サービスに力を入れていきます。

写真:証書授与風景

写真:証書

写真:JRC日本無線 ECDISトレーニングルーム

*日本海事協会

船級の認証のほか、船舶に関するさまざまな事業の進歩発展を図り、人命及び財産の安全、さらに、海洋環境の保全を期すことを目的として活動しています。何れかの船級協会に登録されている世界商船総船腹量のおよそ20%の船舶がNK 船級船となっています。

お問い合わせ先

(報道機関)

日本無線株式会社
経営企画室 広報担当
TEL: 0422-45-9774 FAX: 0422-45-9553

(その他)

日本無線株式会社
海上機器営業部 国内営業グループ
TEL: 03-6832-1807 FAX: 03-6832-1844

  1. 内容はリリース時現在のものです