本文へスキップ

ニュース

印刷する

2012年3月8日 [2012年3月8日 プレスリリース]

社内プライベートクラウドに高電圧直流給電(HVDC)を採用-ITコスト削減と給電効率向上を実現 -

日本無線株式会社(本社:東京都杉並区、代表取締役社長:土田隆平 以下 JRC日本無線)は、社内サーバの統合化を図るプライベートクラウドを、商用システム向けとして国内初採用となる高電圧直流(HVDC)給電を利用して構築し、3月5日から稼働を開始しました。

プライベートクラウドは、株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:山下徹 以下 NTTデータ)の「BizXaaS 構築・運用サービス」を採用することでITコスト削減(約30%)を目指し、HVDCにはJRC日本無線の「FRESH HVDC」を採用すると同時にNTTデータ先端技術株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:三宅功 以下 NTTデータ先端技術)のDCサーバラックシステム等と組合せることによって給電効率向上(10%~20%)を目指しています。

JRC日本無線ではITコスト(TOC)の削減、災害リスクの回避などの観点から、社内にある約300台の物理サーバを順次仮想化する検討を進めてきました。サーバ統合に際してはサーバ集約によるコスト削減にとどまらず、計画検討中に発生した東日本大震災以降の電力供給事情への対応ならびに世界的な課題となっている環境問題への対応を配慮した最先端のIT基盤の構築を行い、単純物理移行(非仮想化)に比べて約30%のITコスト削減を目指しました。

給電システムについては、環境配慮の観点からJRC日本無線の高電圧直流給電システム「FRESH HVDC」を導入することとしました。「FRESH HVDC」は、サーバへの給電を直流で行うことで従来のAC(交流)給電システムに比べて全体の電力変換効率が10%~20%改善され、電力コストひいては二酸化炭素排出量削減に貢献します。また、HVDCと組合わせて更なる省エネ効果を発揮するDCサーバラックシステムおよびDCサーバを採用しています。

全体のシステム構成イメージ

システム構成イメージ図

FRESH HVDC(JRC日本無線)

「FRESH HVDC」は交流で受電した電力を高電圧直流に変換し、直流のまま一気にサーバラックに供給する給電システムです。交流/直流変換は一度しか発生しないため、電力の損失を抑えるとともに余分な発熱が生じないため空調の電力削減にも寄与します。

BizXaaS構築・運用サービス(NTTデータ)

「BizXaaS構築・運用サービス」は、ユーザ専用のプライベートクラウドや特定企業グループ向けのコミュニティクラウド等の構築・運用を行うサービスです。NTTデータの運営するデータセンタやユーザが指定する場所(データセンタ等)にシステムを構築し、毎月の利用量に応じてシステム利用料を支払うサービスです。

http://bizxaas.net/

DC SERVER RACK SYSTEM(NTTデータ先端技術)

「DC SERVER RACK SYSTEM」は、JRC日本無線のHVDC給電システム「FRESH HVDC」から供給される高電圧の直流電流を安全な電圧まで下げるシステムラック内の集中電源ユニットです。これにより、サーバ側におけるHVDC専用の電源ユニットが不要となります。また、集中電源によって電力を集約するため、CPUの稼働率が少ない状態においても常に高効率を実現します。

DCサーバ例1:PRORIZE DCサーバ(NTTデータ)

「PRORIZE DCサーバ」はNTTデータが提供するHVDC対応の省スペース型サーバです。

「DC SERVER RACK SYSTEM」と組み合わせることで直流給電対応が可能となり、システム全体の省電力化に貢献します。

http://www.nttdata.co.jp/release/2011/051100.html

DCサーバ例2:Cisco DC IAサーバ / Cisco UCS(シスコシステムズ)

「Cisco DC IAサーバ / Cisco UCS」はシスコシステムズが提供するDC(直流)対応のサーバです。

「DC SERVER RACK SYSTEM」と組み合わせることで直流給電対応が可能となり、システム全体の省電力化に貢献します。

http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/ucs/index.html

システム写真

写真:HVDC給電システム

HVDC給電システム

写真:サーバ統合プライベートクラウドシステム

サーバ統合プライベートクラウドシステム

お問い合わせ先

(報道機関)

日本無線株式会社
経営企画室 広報担当
TEL: 0422-45-9774 FAX: 0422-45-9553

(その他)

日本無線株式会社
ソリューション事業本部 HVDC推進プロジェクトチーム
TEL: 0422-45-9058 FAX: 0422-45-9788

  1. 内容はリリース時現在のものです