本文へスキップ

ニュース

印刷する

2011年11月30日 [2011年11月30日 プレスリリース]

第4世代携帯電話基地局向け広帯域リニアパワーアンプを開発広帯域信号(100MHz)の歪補償を達成

日本無線株式会社(本社:東京都杉並区、代表取締役社長:土田隆平 以下JRC日本無線)は、第4世代携帯電話基地局(IMT-Advanced)向けに周波数帯域幅100MHzの広帯域信号に対応するリニアパワーアンプを開発しました。本アンプは、デジタルプリディストーション注1とフィードフォワード歪補償注2の組合せにより従来実現が困難であった広帯域な歪補償を達成しました。

第4世代携帯電話(IMT-Advanced)は、最大通信速度1Gbpsを目標として、周波数帯域幅100MHzの広帯域信号による通信を想定しております。JRC日本無線は、この広帯域信号に対応する基地局送信用リニアパワーアンプが今後の高速移動通信網実現の重要課題と考え、かねてから広帯域・高効率リニアパワーアンプ技術の開発を進めて参りました。このたび、デジタルプリディストーションとフィードフォワード歪補償を最適に組合せた試作装置により、第4世代携帯電話基地局に求められる周波数帯域幅100MHzの広帯域信号の歪補償を達成しました(図1、2、表1)。

今後は、さらにデジタル処理部とアナログ回路部の最適化を進め、商品化に向けて小型化、低コスト化、高性能化を推進します。

尚、開発した広帯域リニアパワーアンプについては、11月30日からパシフィコ横浜にて開催中の、電子情報通信学会APMC国内委員会主催のマイクロウェーブワークショップにて発表いたします。

画像:広帯域リニアパワーアンプ 試作装置のブロック図

図1  試作装置のブロック図

画像:広帯域リニアパワーアンプ 広帯域信号に対する歪補償の効果

図2  広帯域信号に対する歪補償の効果

表1  リニアパワーアンプ主要諸元

項目 仕様
周波数 3.5GHz
信号 LTE20MHz × 5キャリア
出力電力 15W
  1. デジタルプリディストーション予めアンプの歪との特を持つ信号をデジタル信号処理で生成し線形化を行う歪補償方式
  2. フィードフォワード歪補償アンプの歪成分のみを抽出し歪を含ょ力信号と相で合成することにより線形化を行う歪補償方式

お問い合わせ先

(報道機関)

日本無線株式会社
経営企画室 広報担当
TEL: 0422-45-9774 FAX: 0422-45-9553

(その他)

日本無線株式会社
研究開発本部
E-Mail: pr@jrc.co.jp

  1. 内容はリリース時現在のものです