本文へスキップ

ニュース

印刷する

2011年5月25日 [2011年5月24日 プレスリリース]

超高感度・高精度GPS受信機【CCA-700シリーズ】を開発電源ONで瞬時に測位 超高感度(-166dBm*1)

日本無線株式会社(本社:東京都杉並区 代表取締役社長:諏訪頼久)は、トップクラスの超高感度(-166dBm*1)・高精度を実現したGPS受信機【CCA-700シリーズ】を開発いたしました。

写真:CCA-700モジュール

CCA-700モジュール

写真:CCA-700チップ

CCA-700チップ

「CCA-700シリーズ」は、数日間電源OFF状態であっても電源投入後わずか数秒で測位します。ネットワークアシストなどを使用せずにGPS単体で驚異のスピード測位を実現するとともに、GPS受信機トップクラスの超高感度化・高精度化を実現しました。

本製品はローパワーのGPS受信機ですので、デジタルカメラやタブレット端末機器、その他のポータブル機器など、あらゆる用途へお使いいただけます。また、当社の強みであるカーナビゲーションシステムや車両管理システム、建機管理システムなどの車載仕様にも対応しています。

また、お客様のご用途に応じて本製品カスタマイズについて、ご相談も承ります。

当社では今後【CCA-700シリーズ】のGPSモジュール、ならびにGPSチップ(1チップ)単体でも販売いたします。

2011年7月にサンプル販売、2011年10月下旬より量産を開始します。初年度は30万台の販売を目指し、その後年産300万台を見込んでおります。

【CCA-700シリーズ】の特長

電源投入後わずか数秒で測位

カーナビで:地下駐車場や立体駐車場から出てきてすぐでも正確なナビゲーションが可能に

携帯端末で:自分の周辺検索やお店までのナビゲーション起動の短縮が可能に

デジカメなどで:GPSの起動が早いので、シャッターチャンスを逃しません

トップクラスの高感度

屋内の機器で:>GPSを使用した正確な時刻情報が取得可能に*2

カーナビで:これまでのGPS受信機が苦手としてきた高層ビル街やアンダーパスなどでの受信が可能に

驚くほど高精度

携帯端末で:位置ゲームや立ち位置に応じたクーポンなど、新たなアプリにも応用が可能に

車両管理システムで:対象の車両位置を正確に把握し、誤配車の撲滅や、お客様への迅速なサービスが可能に

カーナビで:経路誘導中、自車位置ズレや実際には走行していない道路への位置飛びが減少

デジカメなどで:アーケード内*2や高層ビル街でもシャッター位置の記録が可能に

57%のローパワー化(当社比)

あらゆる機器で:バッテリー駆動のポータブル機器でも使用が可能に

【主な仕様】

受信衛星:GPS/Galileo/SBAS/準天頂

外形寸法

モジュール:12.4×12.4×2.5mm以下

GPSチップ:6×6×1.2mm(BGA121ピン)

データフォーマット:NMEA0183 Ver.2.10準拠

電源:DC3.3V±0.3V

消費電流:37mA typ.

  仕様は予告無く変更することがあります

  1. GPSシミュレータ使用の受信感度測定(室温)で実測。
  2. 屋内受信には条件があります。

お問い合わせ先

(報道機関)

日本無線株式会社
経営企画室 広報担当
TEL: 0422-45-9774 FAX: 0422-45-9553
E-Mail: pr@jrc.co.jp

(その他)

日本無線株式会社
通信機器営業部 ITS営業グループ
TEL: 03-6832-1733 FAX:03-6832-1841

  1. 内容はリリース時現在のものです