本文へスキップ

ニュース

印刷する

2011年5月19日

新型25GHz帯小電力データ通信装置(NTG-2501)を開発無線伝送速度240Mbpsの大容量高速データ通信を実現!

日本無線株式会社(本社:東京都杉並区、代表取締役:諏訪頼久)は、免許不要の無線でイーサネット回線を簡単に構築出来る、新型25GHz帯小電力データ通信装置(NTG-2501)を開発しました。

当社従来装置に比べて、通信速度を大幅に高速化すると共に、ダイナミックTDD機能、適応変調機能、QoS機能を追加したことで、より高品質なIP無線ネットワークを構築できるようになりました。HDカメラ画像伝送、ビル間通信、イベント臨時回線、災害時臨時回線、IPイントラネットワーク構築など様々なシーンでご利用いただけます。

今回開発した装置は、5月25日(水)から27日(金)まで東京ビッグサイトで開催される「ワイヤレスジャパン2011」の弊社ブースにおいて展示いたします。

画像:25GHz帯小電力データ通信装置 NTG-2501

システム構成例(災害時の臨時回線として)

【特長】

高速通信

最大スループット(広帯域動作モード:40MHz時)

64QAM(上り+下り):180Mbps

16QAM(上り+下り):120Mbps

QPSK(上り+下り):60Mbps

ダイナミックTDD機能

上り/下りの伝送容量をトラフィック量に応じて自動制御、手動設定も可能。

適応変調機能

降雨減衰に応じて変調方式(64QAM、16QAM、QPSK)を自動的に切替可能。

QoS機能

通信装置に入ってきたパケットを優先制御によって、並び替えて送出可能。

強力な無線セキュリティ

通信内容をCamellia(128bit)により暗号化。

WEBブラウザによる装置の設定・制御

通信装置の設定・施工・制御・監視が可能。

標準PoE(IEEE802.3af準拠)による給電

PoE給電機器と組み合わせることで通信装置用に電源コンセントの確保が不要。

【発売時期】

2011年9月

【価格】

オープン価格

お問い合わせ先

(報道機関)

日本無線株式会社
経営企画室 広報担当
TEL: 0422-45-9774 FAX: 0422-45-9553
E-Mail: pr@jrc.co.jp

(その他)

日本無線株式会社
通信インフラ営業部 通信インフラ営業グループ
TEL: 03-6832-1743 FAX:03-6832-1841

  1. 内容はリリース時現在のものです