本文へスキップ

ニュース

印刷する

2010年3月8日 [2010年3月8日 プレスリリース]

ワンセグ自主放送システム(Freeasy Cast)を発売~独自コンテンツをワンセグ携帯電話へ配信するトータルソリューション~

日本無線株式会社(本社:東京都杉並区、代表取締役社長:諏訪頼久 以下JRC日本無線)は、ワンセグ自主放送システム Freeasy Cast を2010年4月1日より発売します。

現在の携帯電話(端末)は、ほとんどの機種でワンセグ放送受信機能を搭載しており、地上波デジタル放送以外に空きチャンネルを利用した独自の放送を視聴することが可能です。

ワンセグ自主放送システムは「免許不要の微弱電波」又は「小電力注1)」を利用し、市販のワンセグ携帯端末などへ映像、音声、文字情報などといったオリジナルのコンテンツを配信できるシステムです。

今回発売するワンセグ自主放送システム「Freeasy Cast」注2)は、コンテンツ制作管理ツールからアンテナまでトータルのソリューションをご提供します。

JRC日本無線は官公庁、民間事業者への納入を目標として販売していきます。

【特長】

電波利用に関する免許が不要

微弱電波を用いているので、誰でも簡単にシステム構築が可能です。

簡単にコンテンツ作成

WEBブラウザを利用し、お客様ご自身で簡単に作成できるため、難しい知識も必要ありません。

IPネットワークによるコンテンツの配信・管理

コンテンツの内容をIPネットワークを経由して、いつでも簡単に変更することができます。

ローコストワンセグ変調器

ワンセグ専用の変調器により、システムの低価格化・省スペース化を実現。

屋内・屋外を問わない情報提供

アンテナのラインアップにより、多彩な情報提供スポットを構築できます。

ライブ映像配信、リアルタイムデータ放送配信も可能。(オプション)

IPネットワークを利用して、ライブ映像の配信やデータ放送のリアルタイム更新も可能です。注3)

【システムイメージ】

画像:フリージーキャストシステムイメージ

【商品名】

 ワンセグ自主放送システム「Freeasy Cast」

【価格】

 システム構成により異なります。

  1. 小電力タイプを使用する場合は、実験局免許が必要です。
  2. 「Freeasy Cast」はJRC日本無線の登録商標です。
  3. リアルタイム配信システムと蓄積型配信システムとは構成が異なります。

JRC日本無線は以下のワンセグ実証実験に本システムの技術提供を行いました。

兵庫県豊岡市:http://www.jrc.co.jp/jp/whatsnew/20091028/index.html

東京都三鷹市:http://www.jrc.co.jp/jp/whatsnew/20091029/index.html

お問い合わせ先

(報道機関)

日本無線株式会社
経営企画室 広報担当
TEL: 0422-45-9774 FAX: 0422-45-9553
E-Mail: pr@jrc.co.jp

(その他)

日本無線株式会社
ソリューション営業部 公共営業グループ
TEL: 03-6832-1756 FAX: 03-6832-1843

  1. 内容はリリース時現在のものです