本文へスキップ

ニュース

印刷する

2008年5月30日 [2008.5.29 プレスリリース]

世界初 新IMOレーダー性能基準対応レーダーMED検定取得

日本無線株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:諏訪頼久)は、2008年7月1日より施行される新IMOレーダー性能基準MSC. 192(79)に適合する航海用レーダー3シリーズ24機種を開発し、世界で初めて欧州MED検定を取得しました。

新IMOレーダー性能基準では雨・海面反射クラッター中の小物標検出性能等のレーダー物標検出性能向上、レーダー基本性能要件の追加変更、ITU-R スプリアス規則への適合、CCRP(共通基準位置)によるレーダー映像表示や距離方位測定機能追加、航海関連情報表示のIMO性能基準MSC. 191(79)への適合など、様々な機能の性能向上や機能追加などの変更がなされています。

また、映像をリアルタイムで回転して表示する、コンスタビュー機能やシステム化を意識したインターフェースなど最新の機能を有しています。

新IMOレーダー性能基準MSC.192(79)は、2008年7月1日以降装備されるレーダーから適合が要求されます。

●検定取得機種

◎JMA-9100シリーズ 9機種

(23.1インチカラーLCD: 10kW/25kW Xバンド、30kW Sバンド)

◎JMA-7100シリーズ 9機種

(19インチカラーLCD: 10kW/25kW Xバンド、30kW Sバンド)

◎JMA-5300MK2シリーズ 6機種

(19インチカラーLCD: 10kW/25kW Xバンド、30kW Sバンド)

画像:QinetiQ

●検定取得日

2008年5月

製品写真:JMA-9100
製品写真:JMA-9132

23.1インチカラーLCD、30KW、Sバンド、12フィート空中線

(JMA-9132-SA)

お問い合わせ先

(報道機関)

日本無線株式会社
経営企画室 広報担当
Tel: 0422-45-9774 Fax: 0422-45-9553
E-Mail: pr@jrc.co.jp

(その他)

日本無線株式会社
海上機器営業部 国内営業グループ
Tel: 03-3348-2351 Fax: 03-3348-4132

  1. 内容はリリース時現在のものです