本文へスキップ

ニュース

印刷する

2007年11月21日 [2007.11.21 プレスリリース]

「英国ニューカッスル大学バイオベンチャー・オーラ社との共同研究契約締結」- 弾性表面波(SAW)バイオセンサの開発 -

日本無線株式会社(代表取締役社長:諏訪頼久 以下 JRC日本無線)と英国ニューカッスル大学発ベンチャー企業(オーラ・プロテイン・テクノロジーズ(株):以下OPT)は、このたび共同で弾性表面波(SAW)を使ったバイオセンサの開発を行うことを合意いたしました。

JRC日本無線が保有する携帯電話等で使用される小形・高機能電子部品であるSAWデバイス技術と、OPTが保有するたんぱく質をデバイス表面上に固定化する技術とを最適に融合することにより、小形で使い易く、大量生産が可能なバイオセンサの実現を目指します。このバイオセンサは医療分析機器の中に組み込まれて血液検査などの診断に利用されることや、食品・環境分野でウイルスやバクテリアなどの検出に利用されるなど、様々な用途が考えられます。

今後、JRC日本無線はバイオセンサの応用拡大のため、さらなる高感度化、多機能化の開発を進めるとともに、量産時にはバイオセンサの製造を担当します。一方、OPTは検出する対象物質に応じたたんぱく質の開発、バイオセンサの評価、北米・欧州の顧客の開拓を担当します。

開発するバイオセンサは小形で使いやすいという特長を持っていることから、これを利用することにより今後のポイント・オブ・ケア(POC:患者さんのそばで行う臨床検査)で求められているポータブルな臨床検査装置の実現が期待されます。ポータブルな臨床検査装置は、医者や救護隊員が患者さんのそばで即座に対応することができ、診断・治療のスピード化・効率化を達成することができます。その結果として死亡率・罹患率(りかんりつ)を下げ、入院期間を短縮、医療コストも低減することが期待されます。

  1. SAWデバイス
    水晶等の圧電基板の表面を振動して伝搬する音響波を利用した電子部品で、ICと同じ光を用いたパターン転写技術により製造されます。このため小形で大量生産が可能であるという特長を持ち、携帯電話等の無線通信装置で数多く使用されています。

SAWバイオセンサについて:

JRC日本無線の技術:フォトリソグラフィー(光を用いたパターン転写技術)を用いる方法でSAWデバイス電極上に空間構造(キャップ)を精度良く形成する方法を開発しました。この技術により、小形で低コストのSAWバイオセンサを大量に生産することができます。このため、血液検査の場合のようなディスポーザブルが要求されるセンサに最適です。また、SAWバイオセンサは検出しようとする物質によって、その周波数や構造を最適に設計する必要があります。これに対して、JRC日本無線は25年以上のSAWデバイス開発の歴史を持ち、品質の高い設計技術を持っています。加えてSAWに関する60を超える特許を保有しており、様々な要求に対応することができます。

OPTの技術:所望のたんぱく質を、基板表面上にナノスケールで整然と配列・配置することができる技術を保有しています。例えば、抗体を金の膜上に形成する場合に、抗原をつかまえる部位を上側にした状態で整然と配置することができ、溶液中の抗原を効率良く選択的に捕獲する場合に極めて有効です。

SAWバイオセンサ(JRC日本無線とOPTの融合技術):SAWデバイスの伝搬路上に、OPTの技術で所望のたんぱく質をナノスケールで配置します。このデバイスを溶液中に浸す、あるいは極微量の溶液をデバイス上に滴下することで、このたんぱく質は標的物質を選択的に捕獲します。捕獲すると伝搬しているSAWの速度が変化し、この速度変化を電気信号として検知することで、捕獲物質の量を知ることができます。

画像:SAWバイオセンサ

SAWバイオセンサ

画像:SAWバイオセンサ(チップ写真)

SAWバイオセンサ(チップ写真)

  1. オーラ・プロテイン・テクノロジー:Orla Protein Technologies Ltd. (OPT) "http://www.orlaproteins.com"
    OPTは、ニューカッスル大学構造生化学研究室ジェレミー・レイキー教授とデール・アーシー博士によって2001年に設立されたニューカッスル大学発のベンチャー企業です。水溶液中において自己組織化工程により、測定可能かつ常に再現可能な方法でタンパク質をナノスケールで表面に形成する革新的アプローチを開発し、基本特許を持っています。

お問い合わせ先

当製品に関するお問い合わせは、以下までご連絡ください。

日本無線株式会社

研究開発本部
E-Mail: pr@jrc.co.jp


コーポレートセンター

広報担当
Tel.0422-45-9774 Fax: 0422-45-9553

  1. 内容はリリース時現在のものです