本文へスキップ

ニュース

印刷する

2007年11月8日 [2007.11.7 プレスリリース]

インマルサット Fleet Broadband FB250 船舶端末設備 販売開始

日本無線株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:諏訪頼久 以下JRC 日本無線)は、2007年11月19日からサービス開始予定のインマルサット Fleet Broadband FB250 船舶設備 JUE-250を開発し、サービス開始と同日に世界で初めて販売を開始する予定です。

装置概要:

JUE-250は、インマルサット第四世代衛星に対応した小型船舶地球局です。音声、G3ファックス及びインターネットアクセスが可能なデータ通信サービスとしてスタンダード・パケットデータサービス(最大速度284Kbps)とストリーミング・パケットデータサービス(32Kbps、64Kbps、128Kbps)が利用できるとともに、最大160文字(英数字)までのショートメッセージにも対応し、これらの通信を同時に行うことができます。また、世界初の対応として既設のJRC製インマルサット Fleet F33 JUE-33の船内装置を交換することにより、FB250へアップグレードすることも可能です。

特 長:

インマルサット Fleet Broadband用共通操作ソフトウェア Launch pad による簡単なインターネットアクセス

専用ハンドセット(多機能電話機)による簡単操作

船内ネットワークへの接続とマルチユーザーからの操作が可能

多彩なインターフェース(Ethernet, USB, SIMカード)

ジャイロ信号不要、自動衛星追尾機能

JRC インマルサット Fleet F33 JUE-33からのアップグレード可能

外観写真:

※外観は予告なく変更する場合があります。

画像:船上装置 インマルサットFleet Broadband 250

船上装置

画像:船内装置 インマルサットFleet Broadband 250

船内装置

画像:ハンドセット インマルサットFleet Broadband 250

ハンドセット

お問い合わせ先

当製品に関するお問い合わせは、以下までご連絡ください。

日本無線株式会社

海上機器営業部 国内営業グループ

Tel: 03-3348-4126 Fax: 03-3348-4132

コーポレートセンター  広報担当

Tel.0422-45-9774 Fax: 0422-45-9553

  1. 内容はリリース時現在のものです