本文へスキップ

ニュース

印刷する

2009年12月20日

Inter BEE 2009 国際放送機器展

JRC日本無線ブースでは、「2011年へ、ラストスパート」をテーマに、ミニサテ、中継放送機、キャンセラーを中心に展示いたします。

2009国際放送機器展(Inter BEE 2009)が、 2009年11月18日(水)~20日(金)の3日間、幕張メッセで開催されます。

JRC日本無線ブースでは、「2011年へ、ラストスパート」をテーマに、ミニサテ(極微小電力局用送信装置)、中継放送機、および放送機にベストマッチするキャンセラー(補償器)を中心に展示いたします。

JRCがラインナップするキャンセラーのうち、新たにラインナップに加わったマルチパス等化装置(C)について動態展示を行い、GI超えマルチパスの等化性能をご覧いただけます。

また、JRCの新たな提案として、ワンセグによる微弱放送に対応した自主放送向け装置を参考出展いたします。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

■会期
11月18日(水)・19日(木) 10:00~17:30
11月20日(金) 10:00~17:00
■展示会場
幕張メッセ展示ホール5 小間番号5101
小間番号
3G25

今年の見どころ

キャンセラー(補償器)

従来の同一チャンネル干渉除去装置*や回り込みキャンセラー*に加え、SFNネットワークに対応した低遅延型同一チャンネル干渉除去装置*、マルチパス等化装置(B)*を展示します。また、弊社のみがリリース(平成21年9月現在)している、GI超えのマルチパスも等化可能な、マルチパス等化装置(C)*の動態展示を行います。

*日本放送協会殿のご指導により開発を行いました。

マルチパス等化装置(C)

オールチャンネル中継放送機

オールチャンネル中継放送機

ご好評いただいております、チャンネルBPFおよび局発の交換なしにオールチャンネルに対応可能な中継放送機を展示します。

デジタルミニサテ

通常の中継ネットワークではカバーできない、山間地域やビル影などの難視聴地域をカバーするミニサテを展示します。

デジタルミニサテ

自主放送機器(参考展示)

ワンセグを利用した微弱電波による自主放送にご使用いただける、変調器とアンテナを参考展示いたします。