本文へスキップ

ニュース

印刷する

2007年10月19日 [2007.10.18 プレスリリース]

国内初 総務省スプリアス規定に対応したレーダー検定取得

日本無線株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:諏訪頼久 以下JRC 日本無線)は、2005年12月1日に改正された無線設備規則に適合したレーダーを開発し、2007年8月14日に国内で初めて総務省型式検定を取得しました。

このレーダーの空中線は、ITU-R*1 勧告SM.329, SM.1541-1, M.1177 のスプリアス*2 規制に適合するものであり、現在ITU-R で国際的に検討されている更に厳しいスプリアス規制にも適合させることを見据えて開発しました。特に,Xバンド25kwタイプは実現が困難とされてきた-40dB/dec roll-off マスクへの適合を可能としました。また、今回開発した空中線を利用して、2008 年7月から施行される予定の新IMO*3 レーダー性能基準に適合するレーダーの型式検定試験を受検予定です。

検定取得機種

JMA-9922-9XC
23.1インチカラーLCD、25KW、X バンド、9 フィート空中線
JMA-9932-SC
23.1インチカラーLCD、30KW、S バンド、12 フィート空中線
JMA-5311-6
19 インチカラーLCD、10KW、X バンド、6 フィート空中線
JMA-5311-6HS
19インチカラーLCD、10KW、X バンド、6 フィート空中線、高速船用
JMA-5321-9
19インチカラーLCD、25KW、X バンド、9 フィート空中線
JMA-5321-6HS
19インチカラーLCD、25KW、X バンド、6 フィート空中線、高速船用
画像:新性能基準対応 S バンド、12 フィート空中線

新性能基準対応 S バンド、12 フィート空中線

    語句説明

  1. ITU-R:国際電気通信連合 無線通信部門
    (International Telecommunication Union Radiocommunications Sector)
  2. スプリアス:必要周波数帯の外側に発射される不要な電波
  3. IMO:国際海事機構(International Maritime Organization)

お問い合わせ先

当製品に関するお問い合わせは、以下までご連絡ください。

日本無線株式会社 海上機器営業部 国内営業グループ

Tel: 03-3348-2351 Fax: 03-3348-4132

コーポレートセンター  広報担当

Tel.0422-45-9774 Fax: 0422-45-9553

  1. 内容はリリース時現在のものです