本文へスキップ

ニュース

印刷する

2007年3月30日

展示会情報:ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP)2007 に計測器、ネットワーク機器を出展無線通信のパイオニアとして"最先端の通信システム"を展示

当社は、今回開催される「ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP)2007」におきまして最先端の通信システムを出展いたします。

展示内容の一例としましては、フィールドでの電波環境を室内で再現するフェージングシミュレータや、企業間IPブロードバンド通信を無線で実現するワイヤレスソリューション機器を展示し、皆様のご来場をお待ちしています。

是非この機会に、無線通信のパイオニアである当社が実現する最先端の通信システムをご覧ください。

開催期間
2007年4月4日(水)
 10:00~18:00
5日(木)
 10:00~17:30
展示会場
パシフィコ横浜
主 催
YRP研究開発推進協会、YRPアカデミア交流ネットワーク、
独立行政法人情報通信研究機構

より詳しい情報はワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP)2007 公式サイトでご覧いただけます。

展示品目

フェージングシミュレータ

NJZ-1600D

無線LANブリッジ

JRL-710シリーズ

組込用無線LANモジュール

JRL-720E

25GHz帯小電力データ通信装置

NTG-2500

組込用無線LANボード( 802.11a/b/g) CMN-729

4.9GHz帯無線LAN(参考出品)

フェージングシミュレータ NJZ-1600D

本装置はフィールドでの?環境を室内で再現するもので.5世携帯?(HSDPA)WiMAX地上波デジタルTV放などのフェージングの評価に?ですまたAWGN(ノイズジェネレータ)を内蔵可能な様とし外けタイプと比較して試験環境を効率よく構築できますさらに外部制御ソフトを標準し試験環境の保存およびデータ処理を容易にしました特長

【特 長】

1.AWGN内蔵によりスムーズな測定環境の構築を実現

専用の内蔵型AWGN(オプション)により試験環境の設定に要する作業を減し同時に省スペース化も実現

2.拡張ヂナミックモード標準装備

試験用に定められたフェージングパターンに加え実フィールドの収集データの取り込み再生が可能

3.3GPP(HSDPA)、3GPP2、GSMプロファイルをプリインストール

4.PCによる外部制御ソフトを標準添付

5.ドップラーシフト可変機能(オプション)により高速移動環境をシミュレート

このページの先頭へ

無線LANブリッジ JRL-710シリーズ

JRL-710AP2/AL2

【特長】

1.広エリア通信、長距離通信など多彩なシステムへ柔軟に対応

2.既存のLAN環境に容易に接続可能

3.複数の有線ネットワーク間を無線でブリッジ

4.高速ローミング

アンテナ一体型無線LAN JRL-710SU

【特長】

1.施工が容易

2.防水筐体

3.ヒータを標準装備で寒冷地での動作が可能

4.雷サージ対策を施し、誘導雷から装置を保護

このページの先頭へ

組込用無線LANモジュール JRL-720E

【特長】

1.通信速度最大54Mbps

2.産業用機器等への組み込みに適したオープンフレーム構造

3.ネットワーク接続が容易なブリッジ・アーキテクチャ

4.2種類の電源電圧に対応(DC5V、12V)

5.WEP(40/104/128bit鍵RC4)暗号化機能

6.MACアドレスフィルタリング機能で、不正アクセスをガード

7.外部からのESS-IDの参照を禁止する機能

8.WPA-PSKに対応し、TKIP/AES機能を実装

このページの先頭へ

25GHz帯小電力データ通信装置 NTG-2500

距離によるスループットの落ち込みが無く、最大伝送速度80Mbpsの安定した高速通信を実現した、無線局免許・無線従事者免許が不要な準ミリ波帯小電力データ通信装置です。無線LANの発展系であり、伝送距離として平均2.5kmを実現し、高度な暗号化により無線回線上のセキュリティを確保しつつ、手軽で且つ安価な無線によるブロードバンド環境を提供します。

【特 長】

1.信頼性の高い通信方式

弊社が独自に開発した無線伝送フレームの採用や暗号化機能により無線回線のセキュリティを確保。また、ポイント・ツー・ポイント通信方式を採用し、アンテナ指向性を高め他の無線システムからの干渉はほぼなし。

2.高速無線伝送 80Mbps

無線伝送速度は最大80Mbpsと高速で、平均 2.5kmの伝送距離を実現。しかも、距離による速度の落ち込みもなし。

3.安価かつ手軽に無線ブロードバンド環境の構築を実現

アクセス回線向け26GHz帯FWAシステムで培った技術をベースに低コストを実現。屋外ユニットはアンテナと無線機の一体型構造とすることで小型・軽量化を実現し設置工事が容易。屋外ユニットの電源は、屋内ユニットからLANケーブル1本で重畳給電され、屋外にて電源を確保する必要が無いと共に誘雷対策も万全。また、本装置は無線局免許・無線従事者免許が不要。

4.SNMP監視が可能

SNMPエージョント機能を本体に実装しています。本装置専用のSNMP監視マネージャ用ソフトウェア(オプション)を使用し遠隔監視が可能。

このページの先頭へ

お問い合わせ

本製品へのお問い合わせは、

日本無線株式会社

通信機器営業部 ネットワーク営業グループ
Tel:03-3348-3853 Fax:03-3348-3935

  1. 内容はリリース時現在のものです