本文へスキップ

ニュース

印刷する

2007年3月27日 [2007.3.26 プレスリリース]

CTIA WIRELESS 2007 においてモバイルWiMAXシステムの動態展示

日本無線株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:諏訪頼久 以下JRC 日本無線)は、3月27日より29日まで米国フロリダ州オーランドで開催されるCTIA WIRELESS 2007 の Runcom Technologies 社(http://www.runcom.com 以下Runcom 社)展示ブース(# 4382)において、Runcom 社と共同でMobile WiMAXシステムの動態展示を行います。

本システムは、IEEE Std 802.16eTM-2005 規格の中で最大のバンド幅20MHz および最大のFFTサイズ2048を用い、2.5GHz の動作周波数において30Mbps のスループットを実現しています。

JRC 日本無線が開発した基地局装置およびカード型端末装置は、それぞれRuncom社 RNF2000 FPGAソリューションおよび RNA200 ASIC を使用しています。

下記に示す装置構成にて、HDTV 画像の伝送デモンストレーションを実施する予定です。

画像:Mobile WiMAXシステムの動態展示

お問い合わせ先

日本無線株式会社

(報道機関)

コーポレートセンター  広報担当

TEL.0422-45-9774

(その他)

BWAプロジェクト

e-mail: pr@jrc.co.jp

  1. 内容はリリース時現在のものです