本文へスキップ

ニュース

印刷する

2007年3月22日 [2007.3.20 プレスリリース]

HSDPA機能対応3.5 世代アプリケーションテスター「NJZ-4000」を新発売

画像:HSDPA対応W-CDMAアプリケーションテスターNJZ-4000

日本無線株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:諏訪頼久)は、3.5 世代携帯電話に要求されるHSDPA機能のアプリケーション評価環境を実現する測定器として、HSDPA 対応W-CDMA アプリケーションテスター「NJZ-4000」を開発し、平成19年 3月28日より国内外に向け販売を開始いたします。

【開発の背景】

移動体通信端末の開発過程には、通信の複雑化、高速化に伴い、端末のアプリケーション開発評価項目は多岐に渡り、新しい機能を短時間で評価することが必要とされています。 特にアプリケーション試験についてはシナリオ作成(テスト手順)など複雑を極め、このシナリオを意識しない高度な試験環境への要求が高まっています。

【NJZ-4000について】

アプリケーションテスター「NJZ-4000」は、独自のソフトウエア技術により、テスター側の操作を意識することなく、W-CDMA、HSDPA(High Speed Downlink Packet Access)の試験が可能となります。このため、携帯電話の評価で必要とされるシナリオ作成作業の低減はもちろんのこと、フィールド試験を本テスターに置き換えることも可能となり、開発効率の大幅な向上を実現します。

【特長】

HSDPA によるパケット接続に対応

HSDPA [Category 1~6, 11, 12]に対応

HSDPA/ W-CDMA[UL:64kbps/ DL:384kbps、UL:64kbps/ DL:64kbps]から選択可能

Band I~VIに対応

音声折り返し、パケット、SMS、マルチコール試験に対応

【価 格】

4,500,000 円(税抜き)

【販売開始】

平成19年 3月28日(予定)

お問い合わせ先

当製品に関するお問い合わせは、以下までご連絡ください。

日本無線株式会社

通信機器営業部 ネットワーク営業グループ

TEL.03-3348-3853

コーポレートセンター  広報担当

TEL.0422-45-9774
pr@jrc.co.jp

  1. 内容はリリース時現在のものです