本文へスキップ

ニュース

印刷する

2005年3月28日

PHS電話機からの個人情報漏洩を最小限に防ぐファームアップソフトを4月1日にリリース。

ウィルコム AIR-EDGE PHONE  AH-J3003S を、離れた場所からロックしたり保存データを削除できる追加機能などをユーザーの皆様に新しくご提供いたします。

日本無線株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:牟田忠弘 以下JRC日本無線)は、株式会社ウィルコム 向けPHS AH-J3003Sのセキュリティ強化機能を追加するファームアップソフトを4月1日リリースいたします。

4月1日から施行される個人情報保護法では、企業がもつ個人情報の取扱いを厳密に行うことが求められており、電話帳機能やメールなど多くの個人情報が保存されているPHSや携帯電話の管理も対応が求められています。

このようなニーズにお応えするため、紛失時の情報漏洩を最小限に防ぐことが可能な「リモートロック機能」と、ワンタイムパスワード*で管理しているサーバへのアクセスに対応できる機能を新しくご用意いたします。

機能の追加方法は、パソコンでJRC AIR-EDGE PHONE サポートサイト<http://www.jrcphs.jp>からファームアップソフトをダウンロードしていただき、パソコンと「AH-J3003S」を付属のUSBケーブルで接続しソフトのインストールを行います。

追加機能の主な内容は、以下のとおりです。

● リモートロック機能

機能の種類 1.リモートロック 電話機をロックして、電源のON・OFFおよび着信以外の操作を不可能にします。
2. リモートロック+消去 リモートロックに加え、電話機に登録されているデータ・設定情報を一括して消去し初期化します。
コマンドの送信方法/対応電話機 ・ライトメール送信/ウィルコムPHS電話機
・サブアドレス通知/PHS電話機 または、ISDN対応電話機 (ISDN公衆電話など)

● ワンタイムパスワード機能

「AH-J3003S」本体のみでブラウザを利用したり、e-mail を利用する場合、対象のサーバが「ワンタイム・パスワード」で管理されているネットワークへアクセスすることができるようになります。これにより、セキュリティの高いネットワーク利用が可能になります。

  1. ワンタイムパスワード:
    社外から企業内ネットワークを利用する場合など、遠隔地からサーバへリモートアクセスする場合ユーザ認証する技術の一つ。
    毎回変更されるパスワードが電話機本体とは別の専用の端末に表示され、ユーザはアクセス時にこのパスワードを入力します。

> 商品の詳しい情報はこちら <http://www.jrc.co.jp/jp/product/city/phs/>

お問い合わせ先

当製品に関するお問い合わせは、

日本無線株式会社
JRC EIR-EDGE PHONEサポートセンター
受付時間: 9:00 ~ 17:00 (土日祝祭日を除く)
一般電話から、TEL. 0570-003899
AIR-EDGE PHONEから、TEL. 03-3345-5563

本プレスリリースに関するお問い合わせは、

日本無線株式会社
総務部 広報課
TEL.:03-3348-3604

  1. 内容はリリース時現在のものです