本文へスキップ

ニュース

印刷する

2004年10月5日

ARPA付船舶用カラーレーダー JMA-9900シリーズ
グッドデザイン賞受賞

日本無線株式会社(以下JRC日本無線)では、大型商船向けのARPA(自動衝突予防援助装置)付船舶用カラーレーダー「JMA-9900シリーズ」が、このたび、「2004年度グッドデザイン賞(商品デザイン部門)」を受賞いたしましたのでお知らせいたします。JRC日本無線の舶用電子機器製品としては、昨年度の小型レーダーに続く受賞となります。

今回の受賞にあたりましては、

・ユーザのニーズを調査し、それに応えるまでの開発プロセス

・使用環境に合わせた、色彩、画面の大きさなどの適切な処理

・操作感の良いインターフェースへの配慮

が特に評価されました。

今回、グッドデザイン賞を受賞した「JMA-9900シリーズ」は、主に10,000トン以上の大型商船に搭載される船舶用レーダーで、IMO(国際海事機関)のARPA性能、AIS情報表示機能、およびレーダー性能を満足しています。航海システム機能を統合したIBS(統合ブリッジシステム)の一部として本機を使用することができ、また他船のAIS情報とのリンク機能も有しており、安全・快適な運航を支援します。

JRC日本無線は、本機を本年4月から発売しております。活況を呈する世界の商船市場向けに、安全・快適な海上交通への提案として、2004年度中で約1,200台の出荷を見込んでおります。

【本機の主な特長】

画像:JMA-9900

今回、グッドデザイン賞を受賞した大型商船向けのARPA(自動衝突予防援助装置)付船舶用カラーレーダー「JMA-9900シリーズ」

表示角度が調整可能、23.1インチ高輝度カラー液晶画面

表示部には23.1インチ高輝度カラー液晶画面を採用しました。表示角度を調整可能としているほか、表示部と処理部を分離した別体型設置にも対応し、ユーザが使いやすいデザインを実現しています。

ソフトウェア信号処理でさらに見やすく

高性能プロセッサの採用により、ソフトウェア信号処理を実現しました。ハードウェアでは困難な高度な信号処理により、目標物検出、海面反射抑止、雨雪反射抑止を自動調整し、見やすい表示を提供します。

操作性の高いユーザインタフェース

船員の使用環境に考慮した操作部のキーや、PCのマウスを操作する感覚で操作可能な光学式トラックボールを採用しました。トラックボールの形状に工夫を凝らし、船の振動によるカーソル位置のぶれを軽減、操作性を高めています。

「グッドデザイン賞」は、財団法人日本産業デザイン振興会により実施されている、40年以上の歴史を持つ総合的デザイン評価・推奨制度です。専門家による厳正な「書類審査」と「現品審査」の結果、単に美しさだけでなく、機能、品質、安全性など、総合的に質が高いと判断された製品に与えられます。

・カタログはこちら(PDFファイル:約4.1MB)

お問い合わせ先

当製品に関するお問合わせは、以下までご連絡ください。

日本無線株式会社
海上機器事業部 海上機器営業部
TEL.03-3348-2351広報課
TEL.03-3348-3604

  1. 内容はリリース時現在のものです