本文へスキップ

ニュース

印刷する

2004年3月31日

大型カラー液晶画面で、より見やすく
ARPA付船舶用カラーレーダー JMA-9900シリーズ発売

日本無線株式会社(以下JRC日本無線)は、このたび大型商船向けのARPA(自動衝突予防援助装置)付船舶用カラーレーダー「JMA-9900シリーズ」を開発し、2004年4月1日より販売を開始いたします。

本機は、JMA-9800シリーズの後継機で、IMO(国際海事機関)のARPA性能、AIS情報表示機能、およびレーダ性能を満たしております。また、表示部には、従来のブラウン管に代わり、23.1インチの大型カラー液晶画面を採用しております。

JRC日本無線では、本機を、安全・快適な海上交通への提案として、世界の商船会社向けに、2004年度中で約1,200台の出荷を見込んでおります。

画像:JMA-9900

●見やすい大画面、23.1インチ高輝度カラー液晶画面

表示部に、軽量で長寿命な23.1インチ高輝度カラー液晶画面を採用しています。画面への写り込みが少ないため、光が入り込んだ場合でも見やすくなりました。

●ソフトウェア信号処理でさらに見やすく

高性能プロセッサの採用により、ソフトウェア信号処理を実現しました。ハードウェアでは実現が難しい高度な信号処理により、目標物検出、海面反射抑止、雨雪反射抑止を状況に応じて自動調整し、見やすい表示を提供しております。

●AIS情報とのリンクが可能

AIS(船舶自動識別システム)情報とのリンクを可能にしているため、操船者は容易に他船の動きを把握でき、的確な操船を実現します。

お問い合わせ先

当製品に関するお問合わせは、以下までご連絡ください。

日本無線株式会社
海上機器事業部 海上機器営業部
TEL.03-3348-2351広報課
TEL.03-3348-3604

  1. 内容はリリース時現在のものです