本文へスキップ

ニュース

印刷する

2003年3月27日 [2003.3.26 プレスリリース]

インマルサットFLEET F77 JUE-410F船舶地球設備INMARSAT CTA(性能型式承認)検定合格

 日本無線株式会社は3月5日にINMARSATより、当社製インマルサットFLEET F77 JUE-410FのCTA(Conditional Type Approval:性能型式承認)の検定証書を入手しました。

 インマルサットFLEETサービスは昨年より開始されていますが、日本無線は日本のメーカとしては初めてのINMARSAT FLEET F77船舶地球局CTA合格となります。CTA取得後は約1ヶ月間の実船搭載評価試験を実施し、FTA(Full Type Approval:型式承認)合格となります。

 インマルサットFLEETサービスは、64 kbps高速データ通信と最大64 kbps高速パケット通信という海上通信では先進的なサービスを提供し、陸上のデータ通信で利用されている多くのアプリケーションが船上で利用可能となると期待されています。また、従来機のインマルサット-A/B装置に関しては周辺機器やケーブル類がそのまま流用できる場合があるなど、その入れ替えには最適な通信システムであり、特にインマルサット-Aのデータ通信でお困りの方は是非検討してください。

 今回、当社が開発したインマルサットFLEET F77 JUE-410F船舶地球局は独自の自社技術を駆使して開発した装置であり、船上装置(ADE: Above Deck Equipment)から船内装置(BDE: Below Deck Equipment)まで、全て自社開発とすることにより製品性能から部品一つに至るまで厳密な品質管理が実現できた高信頼性の装置です。船上装置と船内装置との接続は高周波同軸ケーブル1本で接続し、装置の小型・軽量化と合わせて装備作業性を向上させています。 また、船内装置には様々な外部機器との接続に対応するためにRS232、イーサネット、ISDN、USB、RS530等の各種インターフェイスポートを標準装備しており、特にイーサネットインターフェースは世界で初めての搭載であり、船内ネットワーク化を強力にサポートします。

 日本無線の永年に亘って培われたインマルサット装置の技術と経験(インマルサット-Aシェア世界第1位)を結集して開発されたJUE-410Fは、信頼性の高い優れた製品であり、世界60カ国、165の港を結んだJRCの全世界サービスネットワークによる強固なサービス網と共に、今後年間800台以上の販売を目指しております。

お問い合わせ先

当製品に関するお問い合わせは、以下までご連絡ください。

日本無線株式会社
海上機器営業部 国内営業グループ
TEL.:03-3348-2351

総務部 広報課
TEL.:03-3348-3604
E-Mail: pr@m1.jrc.co.jp

  1. 内容はリリース時現在のものです