本文へスキップ

ニュース

印刷する

2003年1月18日 [2003.1.17 プレスリリース](最終更新日:2003.1.20)

第42回東京国際ボートショーで新製品3機種を初公開

 日本無線株式会社は、2月8日(土)から11日(火)に東京ビッグサイトにて開催される、 第42回東京国際ボートショーに、プレジャーボートおよび小型漁船向けに開発したカラー液晶レーダ(JMA-5100シリーズ)、 カラー液晶魚群探知機(JFC-130/130HP)、カラー液晶プロッタ(JLZ-700)の新製品3機種を、その発売開始に先立ち初公開いたします。

 この3機種は従来のオールインワンタイプと異なり、10.4インチ・高輝度TFTカラー液晶ディスプレイ、専用キーボード、 A4サイズ信号処理器の3つのユニット(センサー部除く)で構成され、ユニットの配置の選択やパネル埋め込みが容易になるなどの装備性を高めています。

 また、ジョグダイヤルとトラックボールの採用による操作性の向上と共に、防水、耐振動などの環境性能も向上させ、プレジャーボートや小型漁船での利用に適した設計としました。 新商品3モデルの価格は、次のとおりです。

カラー液晶レーダ(JMA-5104: 4kWレドームタイプ)

780,000円(税別)

画像:JMA-5100

カラー液晶魚群探知機(JFC-130: 2周波1kW出力)

550,000円(振動子含まず)(税別)

画像:JFC-130

カラー液晶プロッタ(JLZ-700)

640,000円(DGPS付き)(税別)

画像:JLZ-700

これらの新製品は、本年3月末より販売を開始し、初年度で各1,000台以上の売上を見込んでおります。

【主な機能仕様】

カラー液晶レーダ

JMA-5104

3cm波・2フィートレドーム・4kW出力・48海里・DC12/24/32V入力

JMA-5106

3cm波・4フィートオープン・4.9kW出力・72海里・DC12/24/32V入力

JMA-5110

3cm波・6フィートオープン・10kW出力・72海里・DC24/32V入力

カラー液晶魚群探知機

JFC-130/130HP

出力1kW(JFC-130)/出力3kW(JFC-130HP)・28/50/75/200Hzの2周波・0~1500mシフト(1mステップ)・DC12/24/32V入力

カラー液晶プロッタ

JLZ-700

メルカトール図法表示・縮尺1/1,000~10,000,000・マーク記憶容量20,000点・JRC海岸線ROMカード/日本水路協会ERC(オプション)/CMAP-NTカード対応

JRC日本無線は、舟艇メーカ、舶用機器メーカが一堂に会する東京国際ボートショーに、従来よりお客様にご好評を戴いている、 電子航法装置や無線装置等の製品ラインナップも展示いたします。(出展のご案内はこちら)

お問い合わせ先

当製品に関するお問合わせは、以下までご連絡ください。

日本無線株式会社
海上機器事業部 海上機器営業部
TEL.03-3348-2351

広報課
TEL.03-3348-3604
pr@m1.jrc.co.jp

  1. 内容はリリース時現在のものです