JRC 環境報告書2014
ご挨拶 トピックス 方針 目的・目標 環境経営 取り組み結果
当社ができることの実践:地域や社会に必要とされる会社となるために、当社ができることを実践しています
日本無線株式会社サイトトップへ 目次 アンケートページへ 環境報告書2014 環境活動報告 法基準値の順守 環境配慮製品 グリーン調達 地球温暖化防止 廃棄物・リサイクル 化学物質管理
AMラジオ組立教室

昨年に引き続き「学都『仙台・宮城』サイエンスデイ2013」において、「AMラジオ組立教室」を開催しました。
この教室は、「科学の"プロセス"を子供から大人まで五感で感じられる日」をコンセプトとする体験型科学イベントの一環として行われたものです。
子供たちに自分でラジオを製作する楽しさと苦労、そして出来上がったときの感動を味わってもらいました。
なお、今年はこの取り組みがイベント内の選考で「とてもわかりやすかったで賞」を受賞しました。


画像:学都『仙台・宮城』サイエンスデイ2013 画像:とてもわかりやすかったで賞



生物多様性保全への貢献

ラムサール条約湿地として2012年に正式登録された渡良瀬遊水地の管理を行う設備の工事において、国土交通省 関東地方整備局より優良工事表彰および優秀工事技術者表彰を授与されました。
さまざまな面で環境に配慮した工事を行ったことが評価されました。

【環境に配慮した項目の一部】

  生物多様性への対応を優先し、低振動低騒音型の建設機械を採用
  環境に配慮し、全ての工事材料はRoHS*対応製品を採用
  安全管理としてクレーン車による高所作業時は、「風速監視警報システム」を製作採用し、労働基準法に準拠した安全管理を適切に実施
  東日本大震災後の電気通信設備調査報告書に基づく最新の耐震設計施工を実施

*RoHS:欧州の、製品中に含有する化学物質を制限する指令


画像:優良工事表彰



コピーライト 日本無線