JRC 環境報告書2013
ご挨拶 トピックス 方針 目的・目標 環境経営 取り組み結果
環境経営:ISO14001 を全社で取得し、環境活動に取り組んでいます。
日本無線株式会社サイトトップへ 目次 アンケートページへ 環境報告書2013

ISO14001

環境マネジメントシステムの国際規格である「ISO14001」の認証を国内の全事業所で取得し、全社的に環境活動に取り組んでいます。


画像:ISO14001認定書画像:ISO14001認定書画像:ISO14001認定書画像:ISO14001認定書画像:ISO14001認定書

画像クリックで拡大します


当社の環境活動の歩み

1992年リオデジャネイロで開催された地球サミットで「持続可能な開発」の理念が合意されたことを受け、当社は1993年に環境保護推進室(当時)を新設しました。

当初はISO14001の基本規格となる英国環境規格BS-7750を参考に環境システムの構築を進め、1996年に「ISO14001環境マネジメントシステム」の発行に合わせて当該システムを導入、(財)日本品質保証機構の審査を受け、1998年2月に三鷹製作所・埼玉工場を対象事業所として認証登録をしました。

ISO14001:2004への移行に伴い、2005年より認証登録範囲を本社、支社、営業所を含む国内事業所に拡大しました。

2011年には更に埼玉・神奈川・長野・岐阜・三重・徳島・愛媛・鳥取・佐賀の各営業所の認証登録を追加・拡大し、国内全事業所を登録範囲としました。


マネジメント体制

当社の環境活動は、最高経営層を頂点とするトップマネジメントにより推進されており、社会的動向の変化にも速やかに対応しています。


画像:環境マネジメントシステム体制ダイアグラム


外部審査

2012年12月に、ISO14001の更新審査を受審しました。
その結果、環境マネジメントシステムが適切に維持管理されていることが確認されました。
審査時に指摘された改善点および良い点は社内に公表し、システムのレベルアップを図っています。


継続的な改善活動

「Plan:計画」「Do:運用/実行」「Check:点検/監査」「Action:経営層による見直し」のPDCAを繰り返すことにより、継続的な改善に結び付けています。


画像:PCDAサイクル



コピーライト 日本無線