JRC 環境報告書2012
ご挨拶 方針 体制 目的と目標 取り組み 環境報告 活動例
「環境にやさしい製品」への取り組み

 

当社は環境配慮製品設計の自主規格「タイプII環境ラベル」を定めて、環境に配慮した製品づくりを展開し、製品の環境負荷低減を目指しています。

タイプII環境ラベル適合製品の一例紹介

 
WILLCOM向けPHS電話機
JHP-966W/Z

環境配慮製品設計の特徴
エネルギー効率: 従来機種以上
資源の有効利用: 部品点数27%削減
金属とプラスチックの複合材をアルミニウムに統一しリサイクル性を向上
有害物質の使用禁止: RoHS対応製品
製品写真:JLR-7500/JLR-7800
 
 
同期式シリアルIP変換装置
NDC-1479

環境配慮製品設計の特徴
エネルギー効率: 消費電力30%削減
資源の有効利用: プラスチック部品の接合をはめ込み等にすることによりリサイクル性を向上
有害物質の使用禁止: RoHS対応製品
 
 
船舶用レーダー
JMA-5300MK2シリーズ

環境配慮製品設計の特徴
エネルギー効率: 消費電力3%削減
資源の有効利用: 部品点数の削減、部品の軽量化等によりリサイクル性を向上
有害物質の使用禁止: RoHS対応製品
製品写真:JMA-7100シリーズ
 


コピーライト 日本無線 

日本無線株式会社サイトトップへ 目次 アンケートページへ 環境報告書2012へ グリーン調達 地球温暖化防止 廃棄物削減 法基準値の順守 化学物質管理