JRC 環境報告書2008
ご挨拶 方針 体制 目的と目標 取り組み 環境報告 活動例
「法基準値の順守」への取り組み

 

当社では法基準値よりも厳しい自主基準値によって工場内を管理しています。
2007年度の主な法基準値の順守状況は以下のとおりです。


法基準値 自主基準値 2007年度実績値 順守状況
大気汚染防止法 ばいじん濃度 0.3g/Nm³以下 0.27g/Nm³以下 0.01g/Nm³
窒素酸化物 90ppm以下 81ppm以下 68ppm
硫黄酸化物(3号炉) 0.62Nm³/h以下 0.56Nm³/h以下 0.06Nm³/h以下
硫黄酸化物(1、2号炉) 1.5Nm³/h以下 1.35Nm³/h以下 0.11Nm³/h以下
下水道法 水素イオン濃度(pH) 5.7~8.7 5.9~8.5 6.6~8.4
ノルマルヘキサン抽出物質 30mg/L以下 28mg/L以下 1未満~16.0mg/L以下
トリクロロエチレン 0.3mg/L以下 0.15mg/L以下 0.03mg/L以下
テトラクロロエチレン 0.1mg/L以下 0.05mg/L以下 0.01mg/L以下
ジクロロメタン 0.2mg/L以下 0.1mg/L以下 0.02mg/L以下
その他有害物質

基準値以下
騒音規制法 三鷹製作所 60dB以下 (住宅隣接地:昼間) *145~74dB
(最高値は社外隣接施設の換気ファン稼働時)
70dB以下(工業地:昼間) 50~64dB
埼玉工場 65dB以下 63dB以下 51.9~56.2dB
振動規制法 三鷹製作所 60~65dB以下(住宅・工業地) 25.8~47.1dB
埼玉工場 65dB以下 63dB以下 28.8~46.2dB

*1社外隣接施設の厨房排気ファンが稼動していない場合は「56dB以下」であることを確認しています。
 (実績値は法基準に従って「社内定点及び時間」に測定した値を測定値として記載。)

 


コピーライト 日本無線 

日本無線株式会社サイトトップへ TOP アンケートページへ 環境報告書2008へ 環境にやさしい製品 グリーン調達 地球温暖化防止 廃棄物削減 化学物質管理