環境保全活動の進め方2

環境マネジメントシステム:体制


JRC日本無線の環境活動は、最高経営層を頂点とするトップマネジメントにより推進されており、社会的動向の変化にも速やかに対応しています。

2005年3月31日現在
画像:環境マネジメントシステム 組織図

有害物質非含有保証分科会
欧州RoHS指令や顧客要求を迅速に対応するため、今年度は「有害物質非含有保証分科会」を2004年8月に新設しました。

*上記の内容は、2005年3月31日現在のものです。

前のページへ 次のページへ
ごあいさつへ
環境方針へ
環境マネジメントシステム
ISO14001、監査方法へ
体制
環境活動の目的と目標へ
2004年度の計画と実績一覧へ
活動報告
1.地球温暖化対策の推進へ
2.廃棄物の再資源化推進へ
3.廃棄物の最終処分量削減へ
4.環境配慮製品設計の推進へ
5.グリーン調達の推進へ
6.法基準値の順守へ
7.化学物質の適正管理へ
環境会計へ
教育・コミュニケーションへ
読者アンケートへ
環境報告書2005 トップへ戻る
皆様のご意見、ご感想を私たちにお聞かせください。
前のページへ 次のページへ
ウインドウを閉じる

コピーライト 日本無線