より厳しい目で監視しています。

活動報告:6.法基準値の順守


2004年度の目標 2004年度の実績
排出濃度を自主基準値にて管理する。 100%基準値内



2004年度の主な法基準値の遵守状況を以下に記します。
工場内の管理はより厳しい自主基準値によって管理しています。


法基準値 自主基準値 平成16年度実績値 遵守状況
大気汚染防止法 ばいじん濃度 0.3g/Nm3以下 0.27g/Nm3以下 0.012g/Nm3
窒素酸化物 90ppm 81ppm 65ppm
硫黄酸化物(3号炉) 0.62Nm3/h以下 0.56Nm3/h以下 0.11Nm3/h
(1,2号炉) 1.5Nm3/h以下 1.35Nm3/h以下 0.03Nm3/h
下水道法 水素イオン濃度(pH) 5.7〜8.7 5.9〜8.5 6.0〜8.2
ノルマルヘキサン抽出物質 30mg/L以下 28mg/L以下 20mg/L以下
トリクロロエチレン 0.3mg/L以下 0.15mg/L以下 0.03mg/L未満
テトラクロロエチレン 0.1mg/L以下 0.05mg/L以下 0.01mg/L未満
ジクロロメタン 0.2mg/L以下 0.1mg/L以下 0.02mg/L未満
その他有害物質

排水基準以下
騒音規制法 三鷹製作所 60dB以下(住宅隣接地:昼間) 59dB以下

70dB以下(工業地:昼間) 66dB以下
埼玉工場 65dB以下 63dB以下 58dB以下
振動規制法 三鷹製作所 60〜65dB以下(住宅・工業地) 57dB以下
埼玉工場 65dB以下 63dB以下 44dB以下

法令等の違反及び事故
過去5年間に事例は発生していません。

地域との協定等
現在協定を結んでいる等の事例はありません。

2005年度の法基準値順守の目標

排出濃度を自主基準値にて管理する。

前のページへ 次のページへ
ごあいさつへ
環境方針へ
環境マネジメントシステム
ISO14001、監査方法へ
体制へ
環境活動の目的と目標へ
2004年度の計画と実績一覧へ
活動報告
1.地球温暖化対策の推進へ
2.廃棄物の再資源化推進へ
3.廃棄物の最終処分量削減へ
4.環境配慮製品設計の推進へ
5.グリーン調達の推進へ
6.法基準値の順守
7.化学物質の適正管理へ
環境会計へ
教育・コミュニケーションへ
読者アンケートへ
環境報告書2005 トップへ戻る
皆様のご意見、ご感想を私たちにお聞かせください。
前のページへ 次のページへ
ウインドウを閉じる

コピーライト 日本無線