部品調達は、環境負荷低減をガイドライン化。

活動報告:5.グリーン調達の推進


2004年度の目標 2004年度の実績
全ての新規設計製品については、当該製品に係わる下記特定調達品の調達にあたっては、当社発行の「グリーン調達ガイドライン」に適合する調達品の調達率(金額、重量または部品点数)を従来製品に対して20ポイント以上向上させる。
100%(但し初年度のため調達率の算出が主)
NIS標準部片/機械部品の90%以上をデータベース化する。 達成度99%



2004年度のグリーン調達概況

当社「グリーン調達ガイドライン」に適合する調達品の調達率算出基準を明確にすることにより、2004年度は初めて調達率を求めることができました。しかし、新規設計製品(26件)の調達率の算出が主で、従来製品との比較まで行った製品は1件に留まりました。今後は、新規設計製品の調達率のデータを継続して蓄積することにより、新旧製品の調達率の比較および調達率向上を図ってまいります。

グリーン調達ガイドラインの変更点

2004年度は「グリーン調達ガイドライン(第2版)」を改訂し、第3版を発行しました。主な改定内容は以下の通りです。

主な変更点は以下の通りです。

「使用禁止物質」にRoHS対応禁止6物質を追加
「不使用保証書」、「全廃計画書」の提出依頼
RoHS対応識別表示の依頼
梱包材の削減・回収の依頼
画像:グリーン購買ガイドライン表紙

2004年度の当社技術標準部片/機械部品データベース化概況

使当社技術標準部片/機械部品の環境影響物質データベース化については、1,350点の目標に対して、1,344点のデータの収集とデータ入力を完了することができました。


2005年度のグリーン調達に関する目標

新規設計製品については、当該製品に係わる下記特定調達品の調達にあたっては、当社発行の「グリーン調達ガイドライン」に適合する調達品の調達率(金額、重量または部品点数)を従来製品に対して20ポイント以上向上させる。但し、顧客指定によりグリーン調達ガイドライン適合調達品を使用できない新規設計製品は除く。

機械部品の環境影響物質データベースを2005年度までに作成する。

前のページへ 次のページへ
ごあいさつへ
環境方針へ
環境マネジメントシステム
ISO14001、監査方法へ
体制へ
環境活動の目的と目標へ
2004年度の計画と実績一覧へ
1.地球温暖化対策の推進へ
2.廃棄物の再資源化推進へ
3.廃棄物の最終処分量削減へ
4.環境配慮製品設計の推進へ
5.グリーン調達の推進
6.法基準値の順守へ
7.化学物質の適正管理へ
環境会計へ
教育・コミュニケーションへ
読者アンケートへ
環境報告書2005 トップへ戻る
皆様のご意見、ご感想を私たちにお聞かせください。
前のページへ 次のページへ
ウインドウを閉じる

コピーライト 日本無線