次世代のために、一人一人が今できることを

活動報告:3.廃棄物の最終処分量削減


2004年度の目標 2004年度の実績
事業所から排出する廃棄物の最終処分量を、前年度比で15%以上削減する。 24.8%削減



まずは分別の意識から

社員一人ひとりが具体的にできる行動としては、ゴミの分別です。

ゴミの出し方と分別マニュアルを作成し、社員が実施して分別回収を推進しています。

画像:廃棄物最終処分量の削減グラフ

JRC日本無線では、以下19品目の分別を実施しています。
1)不要諸紙、2)秘密文書、3)ダンボール屑、4)紙屑、5)茶がら・生ごみ、6)吸いがら、7)一般不燃物、8)梱包パッキン材、9)ペットボトル、10)一般金属屑、11)飲料空き缶、12)スプレー缶、13)電線、14)蛍光灯、15)二次電池、16)リチウム電池、17)鉛電池、18)その他の乾電池、19)木材


2005年度の廃棄物・再資源化目標

可燃物の分別を推進する。

前のページへ 次のページへ
ごあいさつへ
環境方針へ
環境マネジメントシステム
ISO14001、監査方法へ
体制へ
環境活動の目的と目標へ
2004年度の計画と実績一覧へ
活動報告
1.地球温暖化対策の推進へ
2.廃棄物の再資源化推進へ
3.廃棄物の最終処分量削減
4.環境配慮製品設計の推進へ
5.グリーン調達の推進へ
6.法基準値の順守へ
7.化学物質の適正管理へ
環境会計へ
教育・コミュニケーションへ
読者アンケートへ
環境報告書2005 トップへ戻る
皆様のご意見、ご感想を私たちにお聞かせください。
前のページへ 次のページへ
ウインドウを閉じる

コピーライト 日本無線