地球温暖化は待ったなし!更なる省エネに努めます。

活動報告:1.地球温暖化対策の推進


2003年度の目標 2003年度の実績
エネルギー使用量を生産金額原単位で前年度比6.0%以上削減する。 11.3%削減



2003年度のエネルギー使用概況

2003年度は、冷夏・暖冬と事業の集約により、エネルギー使用量(CO2換算)の生産金額原単位は前年度比-11.3%、エネルギー使用量としては前年度比-18.0%となりました。 画像:2003年度のエネルギー使用概況


オゾン層破壊物質使用の全廃

オゾン層破壊物質である、特定フロンCFC-113及び1-1-1トリクロロエタンを1994年11月末に全廃しました。

代替採用したHCFC-141bも無洗浄化や代替を進め、2002年12月末日に全廃を達成しました。

画像:オゾン層破壊物質使用の全廃


2004年度の省エネルギー目標

エネルギー使用量を生産金額原単位で前年度比14%以上削減する。

前のページへ 次のページへ
ごあいさつへ
環境方針へ
環境マネジメントシステム
ISO14001、監査方法へ
体制へ
環境活動の目的と目標へ
2003年度の計画と実績一覧へ
活動報告
1.地球温暖化対策の推進
2.廃棄物の再資源化推進へ
3.廃棄物の最終処分量削減へ
4.環境配慮製品設計の推進へ
5.グリーン調達の推進へ
6.法基準値の遵守へ
7.化学物質の適正管理へ
環境会計へ
教育・コミュニケーションへ
事業活動における社会との関わりへ
読者アンケートへ
環境報告書2004(ダイジェスト版) トップへ戻る
皆様のご意見、ご感想を私たちにお聞かせください。
前のページへ 次のページへ
ウインドウを閉じる

コピーライト 日本無線