部品調達は、環境負荷低減をガイドライン化。

活動報告:5.グリーン調達の推進


2003年度の目標 2003年度の実績
全ての新規設計製品については、当該製品に係わる下記特定調達品の調達にあたっては、当社発行の「グリーン購買ガイドライン」に適合する調達品の調達率(金額又は重量)を従来製品に対して10%以上向上させる。
特定調達品: 製品、電気部品、機械部品
次年度繰越
NIS標準部片/機械部品の50%以上をデータベース化する。 達成度93%



2003年度のグリーン調達概況

2003年度は、従来のグリーン購買ガイドラインを改版し、新たに「グリーン調達ガイドライン」を発行しました。その際、調達率算出基準の決定が遅れたため、2003年度の調達率が算出できない状況になり、次年度に繰り越しする結果となりました。今後ガイドラインの普及とグリーン調達の促進を図ってまいります。

グリーン調達ガイドラインの変更点

地球環境の保全と循環型社会の構築に向けて、環境への負荷が小さい資材の優先購入を目的とした、別紙「グリーン調達ガイドライン」を作成しました。

本ガイドラインは、平成10年9月に発行しました「グリーン購買ガイドライン」をその後の社会情勢の変化を勘案して見直し、名称を購買から調達に改めたものです。

主な変更点は以下の通りです。

環境影響物質217物質の明確化
環境影響物質の管理要求項目の明記
環境保全への取り組み要求項目の明記
鉛フリー情報・有害物質データの調査協力の要請
画像:グリーン購買ガイドライン表紙

環境配慮製品設計を行う上で、使用する部品中の有害物質に関するデータベースを構築中です。今後、推進体制を強化してまいります。

当社技術標準部片/機械部品データベース作成の目的

使用頻度の高い当社技術標準部片/機械部品について、それらに含まれる環境影響物質(有害物質、再資源化物質等)の含有量をデータベース化します。

本データベースの使用目的は以下の通りです。

機器の物質構成を算出する時の元データとして利用
機械設計時、有害物質含有量の少ないまたは含まない部品の選定に利用


2004年度の環境配慮製品設計とグリーン調達に関する目標

全ての新規設計製品については、当該製品に係わる特定調達品の調達にあたっては、当社発行の「グリーン調達ガイドライン」に適合する調達品の調達率(金額、重量又は部品点数)を従来製品に対して20ポイント以上向上させる。

当社技術標準部片/機械部品の90%以上をデータベース化する。

前のページへ 次のページへ
ごあいさつへ
環境方針へ
環境マネジメントシステム
ISO14001、監査方法へ
体制へ
環境活動の目的と目標へ
2003年度の計画と実績一覧へ
1.地球温暖化対策の推進へ
2.廃棄物の再資源化推進へ
3.廃棄物の最終処分量削減へ
4.環境配慮製品設計の推進へ
5.グリーン調達の推進
6.法基準値の遵守へ
7.化学物質の適正管理へ
環境会計へ
教育・コミュニケーションへ
事業活動における社会との関わりへ
読者アンケートへ
環境報告書2004(ダイジェスト版) トップへ戻る
皆様のご意見、ご感想を私たちにお聞かせください。
前のページへ 次のページへ
ウインドウを閉じる

コピーライト 日本無線